2006年04月30日

今日は、西宮に行ってきました

 今日は、奥さんと一緒に、西宮の友人夫妻に会いに行きました。
夙川、苦楽園というところで、食事をしましたが、とても素敵なところでした。

ところで、
西宮市には、おいしいケーキ屋さんがたくさんあることは、聞いていましたが
西宮がケーキの町ということをはじめて知りました。

また、いってみようと思います。

ケーキ工房のあるまち西宮
http://tulip.nishi.or.jp/cake/

和菓子のまち西宮
http://www.nishi.or.jp/homepage/wagashi/



posted by SE会計士の日記 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまごっち

 親戚の小学生の女の子に、「じんせーエンジョイたまごっち」を買ってあげました。
本人いわく「みんな、もってるもん!」とのことでした。

みんなってだれやねん!!

posted by SE会計士の日記 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

「会計参与」と「中小企業の会計に関する指針」

 六法(憲法、刑法、民法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)のうち、商法ほど、改正の多い法律はありません。なぜなら、商法は、動きの激しい、経済活動を律する法律であるため、当然改正も多くなります。(組織再編成、新会社形態など)。
また、代表取締役の暴走を規制するために、監査制度を毎度改正しています。ところが、あまり実が挙がってないので、この部分の改正が繰り返されているという側面もあります(会計参与等)。

今回の商法改正は5月1日より施行されますが、あたらしく会計参与という制度が設けられます。
会計参与とは、公認会計士又は税理士である人が、取締役等と共同で会社の計算書類(決算書)を作成させることにより、会社の計算書類の適正を確保するために置かれる、任意の機関になります。そして、会社の計算書類を作成するにあたっては、「中小企業の会計に関する指針」というものに依拠して作成されることになります。

日本税理士連合会
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/kaikeisanyo.html
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/chusyo.html
JICPA
http://www.jicpa.or.jp/about_the_jicpa/jicpa-topics/20060425-press-01.html

中小企業庁
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/index.html

一部、金融関係の判断資料として利用される動きがあるようですが、この新しい制度が日本の経済の中で有効に機能していくのか、今後注目していきたいと思います。


posted by SE会計士の日記 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

おすすめソフト その八 メーリングリスト

 私、ある委員会に所属しているのですが、そこのメンバーの方は多忙な方が多いので、直接お会いする機会が余りありません。
(とはいえ、全員地元の人なので、直接あってやろうと思うとできなくはないのですが、一応そうゆうことになっています。)

そこで、委員間の業務連絡は、非公開型のメーリングリストを使っています。

(メーリングリストとは、電子メールを使って、特定のテーマについての情報を特定のユーザの間で交換するシステムを言う。複数のユーザを1つのグループとしてメールサーバに登録し、情報を同時配信することにより実現している。インターネット上には無数のMLが開設されており、グループの性格によって、広く参加者を募る公開型と、特定の集団の内部利用に限定された閉鎖型に大別される。 e-Wardsより)

最初は、戸惑うことも多く、脱落するメンバーもおりましたが、リーダーの尽力もあり、現在は、ほとんどの打ち合わせをそこで行っています。直接お会いするときは、飲み会ぐらいです。
(その委員会にも上位の責任者、監督者がいるのですが、ひょっとしたら、その方々には、「この委員会は、集まっては酒ばかり飲んでる!」と思われているかもしれません?)

メーリングリストを使うことで、忙しい時間に割り込むことも無く、お互いの時間を有効に使えます。また文書になるので、コミュニケーションミスも比較的少ないような気がします。

そこでつかっているメーリングリストはフリーエムエルというとこです。
http://www.freeml.com/
メールに広告がつきますが、十分、こうした目的に使えます。

最近リニューアルしたみたいで、ブログ、SNS、など機能はいろいろ広がっています。

一度、皆様の参加されている会議やプロジェクトの補助連絡手段として活用されてはいかがでしょう。
posted by SE会計士の日記 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

不正防止の意味と責任

 長年、経理関係の仕事をしていると、必ず出会うのが、従業員の不正事件です。
「会社のお金を横領した」、「回収したお金を着服した」という事件にあうと、正直気が滅入ります。
 「サラ金の返済に追われて」とか「ギャンブルがきっかけで」とかいろんな事情がありますが、経営者の驚きと怒り、担当上司の「仕事をしてきて、こんなに、情けないことは、ないよ」と嘆きを何度か見聞きしました。

 もちろん、こうした不正を起こした本人が一番悪いのですが、こうした不正が実行可能であったことが、本人に罪を作らせる原因になったともいえます。
(もし、実現困難なことなら、このような不正をしようとも考えなかったかもしれません)

その意味で、このような、不正事件を防ぐための手立て(内部統制)を講じておくのは、経営者の大切な責任です。(罪人をつくらせない)

 金銭関係のチェック体制の構築、資金の取り扱いと記帳の分業など、手法はいろいろあります。また大企業だけでなく、企業規模に応じた、中小企業でも実現可能な不正防止手法もいくつかあります。

 そうした面に、詳しくない経営者の方は、是非大きな事故が起こる前に、経験者や専門家のアドバイスを受けて、自社の内部統制を整備しておいてください。


posted by SE会計士の日記 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ハッカーの上司になった人へ

 コンピュータに詳しい人(いわゆるハッカー)が自分の部下になったとき、どのように扱って良いのか困ってしまいます。

こんなとき役立つ文書がインターネットに公開されています。
http://www.yamdas.org/column/technique/hackerj.html

反対に、ハッカーにとっても管理職とどのように対応すればよいのか困ってしまいます。そのために役立つ文書としては
http://hp.vector.co.jp/authors/VA009232/stinger/Hackerfaq.html
が参考になります。

※生真面目に読まないで、気楽に読んでくださいね!


posted by SE会計士の日記 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

パソコンの掃除

 パソコン関係の仕事をしていると、いろんな人のつかっているパソコンをさわることになります。
 私は、とくに潔癖症というわけではありませんが、「どうしたら、こんなに汚れるのだろう?」と思うぐらい汚いパソコンに出会うこともあります。

1)埃(ほこり)まみれのパソコン

 床(ゆか)に直置きしたパソコンなどに多く見られます。また、カーペットなどほこりの発生しやすい、床の場合さらに症状は悪化します。触っているとダニでも発生しているのか、だんだんと痒くなってきます。
 対処方法としては、一度ケースを開けて、掃除機で(基盤を傷つけないように気をつけながら)埃を吸い取ってください。また差込口なども丁寧に埃を取っておいてください。そして、床からできるだけ離し、画面など静電気のおきやすいところはマメに紙雑巾などで拭いてください。

2)真っ黒キーボード(マウスも同様)

 これもたまに見ますが、キーボードが真っ黒に汚れているパソコンがあります。キーの文字が全然見えません。手が汚れているのか、食べ物でもこぼしたのか、何かネットリした感触があるときもあります。逆さにして振ると、キーボードの間から、ホッチキスの針、食べこぼし、小さなゴキブリの死骸やらが出てきたしします。

 対処方法としては
・キーボードを買い換える(安いものですし)
・逆さにして拭く
http://www.geocities.jp/kazu_cojp/keyboard.htm
・分解掃除
http://www.erica.ne.jp/epaso/siryou/keyboad/
・洗う
http://www.jtw.zaq.ne.jp/minaka2/pc/keyboard/01.htm
などでしょうか。

 あなたのパソコンもたまには、掃除してあげましょう。でないと、女性社員に嫌われますよ。
posted by SE会計士の日記 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子申告について

 税金の申告は、オンラインによるデジタルデータで行うことができます。
これは、電子申告というもので、日本の行政のIT化を目指す、いわゆる電子政府、e-JAPAN構想の一環として行われています。

日本の電子申告は、認知度、手続き面の煩雑さ、納税者にとってのメリット、周辺制度の整備に課題があり、残念ながらあまり普及していません。

たとえば、確定申告を電子申告で提出しても、添付書類(源泉徴収表、各種証明書類)は、郵送で送らなければいけません。また、確定申告書を別の官庁等に提出するとき「税務署の受付印のあるもの」と規定されているときがありますが、電子申告では物理的な受付印はありません。

ただし、政府も電子申告の普及を強力に推進するつもりのようですし、担当行政部門へのプレッシャーも相当あるようです。
http://www2.yurikago.net/autonews/scripts/article.asp?v=890001%no=00002305


ですので、ここ数年中に周辺制度が急ピッチで整備され、電子申告というものが、かなり本格的に増えてくると思われます。

 電子申告は、利用したいところだけを部分的に使うこともできます。
源泉所得税関係の電子申告などは、かなり、便利な部分もありますので、この部分だけでも実験的にやってみられたら良いのではないでしょうか(少なくとも税務署に対する心象は良くなると思いますよ)。

国税庁e-tax
http://www.e-tax.nta.go.jp/

16年電子申告アンケート(17年分が、すぐに出てくると思います)
http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topicse16.html

電子政府
http://www.e-gov.go.jp/

地方税の電子申告ポータルeLTax
http://www.eltax.jp/
posted by SE会計士の日記 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

DVDを買いました

 コンピュータ関係の仕事をしてると、それ以外の機械ものについても詳しいと思われます。
 ところが、パソコン以外の機械ものについては、実は、あまり詳しくありません。

 車のトランクの開けるレバーも良くわかりませんし、適当なレバーを引くとガソリンタンクのフタがあいたりしますし、ライトをつけようとすると、ワイパーが回りだしたり大変です。

 今日、ハードディスク付きDVDを購入しました(いままで、なんと、TV番組録画する道具は、ビデオデッキしかありませんでした)。使い方をこれから覚えなくてはいけません。

聞くと、DVDにはいろいろ難しいことがあるようですね。ファイナライズって何のことなんでしょうか?

苦戦の日々が始まりそうです。


posted by SE会計士の日記 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

激安海外旅行

 国内旅行は、結構高いので、激安海外旅行(29800円台湾など)に時々参加しています。
 「激安なので、不安!」と思われるかもしれませんが、結構まともなツアーであることが多いと思います。

こうしたツアーが安くなる理由は、

1、例えば現地2泊とかいっても、初日は夕方にホテルに着き、帰りは早朝といった実質現地一日と二晩といった強行日程になっていたりする。
2、ホテルがビジネスホテルクラスになっている。
3、飛行機が帰り便などを利用している。
4、お土産やさんなどに何度も立ち寄る
5、シーズンオフで休日をうまく使えない日程になっている。

といったところでしょうか。

ただし、わずかなお金でもう一泊することも可能ですし、現地ガイド、市内観光、食事もきちんとついた、結構立派なツアーだと思います。

以前行ったことのある都市なら、市内観光、お土産店まわりなども、現地でキャンセルしても結構でしょう。
 公共交通機関に乗って、地元のレストランで食事をしたり、自由に遊んだりすると結構楽しめますよ。

posted by SE会計士の日記 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

パソコン・周辺機器を安く購入する

 10年ぐらい前まで、パソコンや周辺機器を安く購入するため、よく日本橋(東京でしたら秋葉原に相当)に行ってました。
 ちょうど、会社からの帰宅経路にあり、結構便利だったのですが、最近は出店している店も少々様変わりして、今では、時々しか立ち寄らなくなっています。

 最近は、もっぱらネットのオンラインショップを利用してます。
価格コムなどで検索して、探すことが多く、結構、見つけやすくなったなあと思います。また、たまにサイトを覗いてみると、激安の堀出物があって、結構お得です。

私のよく使う、店は次のとおりです。
フェイスインターネットショップ


ツクモオンラインショップ



パソQ



ヤフーショッピング


posted by SE会計士の日記 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

言葉の暴力

 よく、スーパーなどで買い物をしていると、知らず知らずに歌をくちずさんでいることが良くあります。

たとえば、野菜売り場の前を通ると
「きのこっのっこーのこ、げんきのこ、エリンーギ、まいたけ、ブナ、シメジ・・!」とか

魚売り場の近くでは
「さかなは、ぼくーらをーーー、待ってーいるー。オー!」とか
口の中で、勝手にくちずさんでしまっています。

さっきも、近所のSHOP99に行ったら、帰りに案の定
「きゅっきゅ、きゅっきゅ、きゅっきゅきゅきゅ」とくちずさんでいました。

 口の中で、ぶつぶつ言っているので、他人には気付かれないとは思うのですが、ふと我に返ると、大変恥ずかしい気分がします。

 ドンキホーテ、ヤマダ電機、ソフマップ、なにわ麺だらけ、どれもテーマ曲が大変耳につきやすく、大変危険です。

 私だけのクセかもしれませんが、こういうのも、一種の言葉の暴力ではないかと思う、今日この頃です。
posted by SE会計士の日記 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W-ZERO3を買いました

 今まで、HP−200LXというモバイルツールを使っていました。

 HP−200LXは、MS−DOSベースのパソコンをモバイル化したものです。多くのMS−DOSのソフトが動き、単三電池で長時間駆動でき、キー配置などとても考えられた名機でした。10年以上使ってきましたが、何年か前に生産中止となり、「そろそろ代わりのモバイル機器が必要かもしれないな」と思いつつ今まで使ってきました。

 ところが、最近、ウイルコムのW−ZERO3(シャープ製)というモバイル機器が評判になっていて少し気になっていました。W−ZERO3は、Windows Mobile5.0で動くモバイルツールで、電話、データ通信、無線LANを内蔵して、裏業も含め、結構多機能な魅力的なマシンに仕上がっています。
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/003sh/index.html
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/

 同じシャープ製のザウルス(リナックスザウルス)とどちらにしようか、かなり迷いましたが、ついに本日、W−ZERO3を購入しました。
http://ezaurus.com/

まだ、基本的な使い方すらマスターしていませんが、(なれない機種を使ってると肩が凝ってきます)頑張って、(裏技も含め)使いこなしてやろうと思っています。

posted by SE会計士の日記 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デュアル・ディスプレイ

 以前、ある税理士の先生から、新しく買った仕事用のパソコンをデュアル・ディスプレイにしたいが、うまくいかないので困っていると相談を受けました。
 とりあえず、最新のドライバーを使うことなどアドバイスしましたが、昨日お会いすると、うまく動作したとのことでした。

 ところで、デザイナー、設計者、投資家などの業務では、広い画面での仕事が必要なので、デュアル・ディスプレイというのはとっても便利というのは知っていましたが、税理士業務でデュアル・ディスプレイをどう使うのか??疑問に思っていました。

 聞いてみると、税理士業務では、別の計算資料やデータを元に、経理システムに打ち込んだりすることも多いので、何かと便利であるとのことでした。
(テレビ画面を出しながら、お仕事、ということもあるそうですが。一度使い出すと、その便利さにやめられなくなるそうです。)

 私自身が税理士として仕事をするときは、恥かしながら、いったん必要な資料をプリントアウトして、それを入力していました。それで、とくに不便を感じていなかったのですが(これが固定観念というやつでしょうか)、聞いてみると、なるほど便利なのかもしれません。

いままで、考えてなかった分野で、デュアル・ディスプレイを使ってみると、まだまだ結構面白い使い方があるのかもしれません。同僚に仕事で差をつけるチャンスかもしれませんよ!!

http://www.toushijouhou.com/index.html
http://toushijyouhou.seesaa.net/

posted by SE会計士の日記 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待ち時間

 飲食業や特定のサービス業にとって、お客様の待ち時間というのは、大変気になるものです。
 ある程度の適度な待ち時間は、必要でしょうし。行列ができることで逆に宣伝効果があるケースもあります。
 ただ、あまり長い待ち時間はクレームにつながりますし、企業の評判を下げることにもなりかねません。経営者にとって頭の痛い問題です。

 待ち時間の解消の有力な方法の一つが、予約制ですが、これをやったからといって、待ち時間問題がなくなるわけではありません。とくに、飛び込みの人をある程度許容している場合や、思わぬ手間取りなどで、段取りが狂うと、ガタガタになる危険も残っています。細かな決め事が必要です。

待ち時間の解消方法としては、一般に、次の方法が有効です。

1、コントロールタワーをきちんと機能させる。
受付、予約、待ち時間をコントロールする担当者の能力によって、この問題はかなり解決します。

2、声をかける。
「お待たせしてすみません。あと○○分ぐらいで、お席についていただけますので今しばらくお待ちください。」「お待たせしました」の一言を

3、予約制は細かく。
一人30分とか荒っぽい予約制ではなく。たとえば15分刻みにして、このメニューなら2コマ、このメニューなら1コマといったように小刻みに予約を取ることで、ずいぶん待ち時間が解消されます。

4、段取りが狂ってきたときのフォロー体制の確立
 段取りが狂ったときに、誰が指示して、誰がフォローに入るのかを決めておく

5、情報技術の活用
 オンライン予約システム、メールによる予約受付、待ち時間表示など利用できそうなシステムがいくつかあります。
posted by SE会計士の日記 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済学は仕事に役に立つのか?

 先日、テレビでミナミの帝王(なぜか、土曜日の午後はこれがやってる)を見ていると、萬田(竹内力)の手下がある場面で、結構、役立つことを話した。そこで、萬田が「おう、おまえ結構勉強しとるやないけ!」というと、手下が「最近はサミュエルソンの”経済学”読んで勉強してまっさかい」と・・・

 本格的な経済学を勉強しても、たぶん萬田銀次郎のようなやり手の仕事人にはなれません。むしろ、萬田に引っ付いて、彼の仕事のやり方、場面場面での判断、行動を見て学ぶほうが、絶対に役に立つと思います。

 もともと、経済学は経国済民(けいこくさいみん)といって、国を経め(おさめ)民を救うための学問です。したがって、個人の金儲けの学問ではありません。また、サミュエルソンのような本格経済学は、経済行動を数式モデルに乗せて、経済事象を説明するもので、かなり抽象的な学問です。具体的な経営判断の場面ではあまり役に立ちません。

 経済学については、次のことぐらいを頭においておき、日々の経済情報をよむ前提知識としてもっておけば、実務家としては十分だと思います。
(ほとんど、経験的にご存知のことだと思います)


1、景気は良くなったり悪くなったりを繰り返す(景気循環)

2、設備投資、公共投資、減税、輸出、人々の消費増により景気は良くなる
3、設備投資、公共投資が減り、増税、輸出減少、人々の消費減で景気は悪くなる(有効需要)

4、利息が安いと、人々はお金を借りて、設備投資等を増やすこともある。
(ゼロ金利状態は、その効果がない状況)

5、インフレは程々が望ましい

6、需要と供給のバランスで値段が決まる市場がいくつかある。(株式市場、生鮮食料品のせり市、商品市場、先物市場などオークションができる場 完全市場)
7、そうじゃない市場も多い(独占、寡占、ブランド、価格規制、数量規制、、、、不完全市場 むしろこちらが普通です)

posted by SE会計士の日記 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LLPの税務

 今回の商法改正により、さまざまな改正が行われました。
そして、いままでなかった、LLP、LLCなどの新しい組織形態が誕生しました。
 今回は、このうち、LLPというものを取り上げます。

LLP(リミテッド・ライアビリティー・パートナーシップ)とは、有限責任事業組合といわれるもので、今回の商法改正で取り入れられたものです。日本流にアレンジされているので、日本版LLPとも呼ばれています。
http://www.meti.go.jp/policy/economic_oganization/llp_seido.html

この組織形態の特徴は、
(1)その組織の責任が、出資の範囲に限定されていること(有限責任)
(2)内部の利益や権限を自由に決めることができること(内部自治)
(3)その組織そのものではなく、構成員に課税されること(構成員課税)
です。

 つまり、LLPでは、有限責任、自由な内部自治が広く認められていることにより、いろんな、起業やプロジェクトがやりやすくなっています。また、従来の組合契約などでは、難しかった、契約の名義、登記の名義などの問題も、LLPでは、やりやすいような法整備がなされてきています。

それから、LLPの税務的な特徴は、(3)の構成員課税の部分にあります。

簡単に概要を言うと、

従来の法人の場合は
収益から費用を差し引き、残った利益に税率を乗じて、各期の税額がきまりました。

その損益計算書は
収益
費用
----
税引前利益
税金
----
税引後利益

という形になります。


ところがLLPでは、
構成員に課税されますので、その生み出した利益が各個人に帰属していき、その帰属した額が個人の所得(所得税の対象)になります。
したがって、LLPの損益計算書は
収益
費用
----
利益

という単純な形でおわります。そして、事業で赤字が出た場合は、構成員に帰属する損失と、構成員個人の他の所得とを通算することもできます(原則)。

ただし、LLPが、類似の手法を使った、レバレッジドリースのような、節税のみを主目的とする手段となることを回避するため、LLPでは、歯止めがかけられています。

LLPなどは、実務が始まったばかりところなので、実務上の難解な問題も数多く残っています。したがって、具体的に検討される方は、これら新組織形態に関して、よくご存知の税理士他専門家にご相談ください。

posted by SE会計士の日記 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お財布携帯は、関西で、どこまで使えるか

 半年ほど前に、お財布携帯Edyを契約しました。
特に理由はなかったのですが「お財布を持たないでも、買い物ができれば、チョットした外出の時など、何かと便利かなあ」と思ってはじめたものです。

当初1万円チャージして、現在までの利用状況です。
12月)実家の近くのコンビニで、パンなどのお買い物したとき試しに使ってみる
350円

12月)打ち合わせに、行く途中、寒かったので、もよりのコンビニでホットドリンク一本購入
140円

1月)大阪に行ったとき、お昼ご飯(カレー)の支払いのとき小銭がなく、たまたまEdyがつかえたので、こちらで支払う。
780円

2月)大阪の顧問先に行く途中、コンビニで缶コーヒー1缶購入
140円

3月)大阪で研修を受けたとき、コンビニで、お昼ご飯として、おにぎりとお茶購入
200円

現在の残高8390円

正直な話、お財布携帯は、小銭がないときか、コンビニで思い出した時ぐらいしか、あまり使いません。

東京のほうなどでは、よくわかりませんが、地方都市では、普及はまだまだこれからです。使える場所も、コンビニ以外ではすごく限られています。
使い方によっては、確かに便利だと思うので、使える場所が今後、増えていくことを期待します。
http://www.edy.jp/search/index.html
http://www.edy.jp/index.html
posted by SE会計士の日記 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田舎はいいわあ!!

 奈良は、どちらかといえば、のどかな田舎です。そして、京阪神に近いので、気候が良くなってくると、都会の人たちが、ドライブやハイキングにやってきます。
 今日も花見がてら、近くの公園に行きましたが、駐車場は大阪京都の車でいっぱいでした。都会の人たちには、地方のこうした、風景が珍しいのか、楽しそうに歩いておられます。

ほほえましい光景なんですが、たまに、こんなことがあります。

あぜ道あたりに咲いている花を見て
「こんなところに、こんな綺麗な花が咲いてるわ。やっぱり田舎はいいわねえ、自然がいっぱいで。せっかくだから摘んでいきましょう。」とせっせと花をむしっていきます。

それを見ながらこちらでは、「あそこで、採ってやる花、近所の○○さんの植えてはる花やねんけど、知らんと摘んでいってはるわ・・・」

 田舎にこられるのは結構ですが、勝手にそこら辺の花など取っていかないようお願いいたします。地元の人が大切に育ててる花かもしれませんので
posted by SE会計士の日記 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙体験



 私は、8年ほど前まで、たばこを吸っていました。
勤めていた会社が禁煙だったので、本数はそれほどいきませんでしたが、休憩室(喫煙OK)にいるときや、昼食、喫茶、飲み会などでは、必ず一服する習慣があり、灰皿がみるみる山盛になるほど吸っていました。

 ところが、周りに喫煙をしない人も増えてきていましたし、また、嫁も大変、タバコ嫌いでしたので、段々とプレッシャーがかかってきました。また、たまに、風邪など引いて、咳き込みながら、タバコをすっていると「こりゃ、そろそろタバコ止めないといけないかな!」とも感じていました。

 そんなことを思っていたとき、偶然インターネットで禁煙マラソンというサイトを見つけました。
http://kinen-marathon.jp/
(確か大和高田のDRが禁煙外来をやっておられて、このサイトで情報発信されていたと記憶しています)
 そこで、いろいろ見ていて、「じゃあ、やめよう」と決意して、いっぺんにやめてしまいました。そこから現在に至っています。


 その時、禁煙を守ることができたのは、1週間、3ヶ月目、1年目の3つのポイントがあったように記憶しています。

(1週間)
 まず、禁煙を始めて1週間ですが、この間は、常に「タバコが吸いたいなあ!!」というストレスがかかります。この対処は、はっきり言って”根性で我慢する”以外にありません。体調の変化としたら、お腹にガスがたまります。なぜか分かりませんが、タバコの成分が胃腸系の何か働きかけているからだと思います。
 この1週間がすぎると、「タバコを吸いたい」という意識がすぅーっと薄れていき、食後にポケットのタバコを探るようなことも無くなっていきます。

※私見ですが、よく、アメをなめたり、ガムをかんだり。禁煙ツールを使う人がいますが、あまり効果があると思えません。むしろ、こうした禁煙ツールを使うことで、かえって意識の中に「タバコ」というものを残してしまうのではないでしょうか。


(3ヶ月)
 1週間程度の禁煙ですと、多くの喫煙者がやったことがあるはずです。この間で、身体から大部分のニコチンは抜けていますので、肉体的には禁煙は完成しています。
 ところが、大部分の人は、また、もとに戻ってしまうのは、この3ヶ月間に喫煙を再開してしまうからです。
 この期間は、時々、思い出したようにタバコの誘惑があるのですが、そのたびに「がまん、がまん」と言い聞かせなければいけません。
 時に危険なときは、「お酒が入って、理性が緩んだとき」「仕事などで大きなストレスがかかったとき。それと、そのストレスが緩んだとき」「人が吸っているのを見たとき」などやばいです。3ヶ月間、不定期にこうしたフラッシュバックがありますが、そこが禁煙の最大のがんばりどころです。

(1年)
 3ヶ月間すっていないと、禁煙は、ほぼ成功に近いところまできています。
ただし、半年たって、うっかりタバコを吸ってしまったり、宴会などでくわえるだけといいながら吸ってしまったり、まだまだ、1年間程度は、喫煙再開のリスクは残っています。


 禁煙が成功したあとは、体調もよくなったように感じます。また食事もおいしくいただけるので、調子に乗ってチョット太ってしまいました。
 最近は「禁煙セラピー」といったよい本もあるそうです。禁煙を目指している人は是非がんばってください。



posted by SE会計士の日記 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。