2007年02月28日

確定申告で迷うポイント(初心者編)

 最近、多くの確定申告の相談を受けていますが、迷われるポイントというのは、大抵決まっています。
商売をやられている方の申告や、不動産がらみの申告のような複雑な申告は、確かに難しいと思いますが、年金所得の申告、給与所得者の医療費還付のような簡単なものでは、前年の申告書と手引きを見れば、ほとんどの部分は、思い出しながらかけるのではないかと思います。迷われるポイントは、ほんの数箇所しかありません。

1、生年月日の書き方
まず、筆が止まるのが生年月日のところです。
口.口口.口口.口口とかいてあるので
「S.18.07.02と書けば良いのか」と思いますが、実は最初の年号は数字で書くようになっています。
平成が4、昭和が3、大正で2表記し、3.18.07.02と書きます。

2、医療費控除の書類のまとめ方
医療費の領収書をまとめるとき、まず「いつ、だれが、どこの病院で、いくら払ったか」のリストをつくっていく必要があります。ところが、税務署でわたされる明細書(領収書をいれる封筒)には、ほんの数行しかないので、「いっぱいある医療費をどうやってかいたらいいの?」と迷ってしまいがちです。

 そうした場合は、いろいろ書き方があるようですが、別の紙(もしくはパソコンの表計算ソフトなど)で明細書をつくって、領収書と一緒に封筒に入れておき。封筒のおもてに「別紙有り」と記載して、下の計算の部分だけ書いておくことをお勧めしています。


3、添付すべき書類はどれで、それをどこに貼っておくのか
 第二表の裏(申告用紙の一枚目をひっくり返すと、源泉徴収表などはココに貼ってくださいと書いてあります)

4、私的年金がある場合
公的年金とおなじく雑所得になります。収入の部では雑のその他の部分に書いておき、所得の部には、公的年金の所得(計算式で算出できます)と私的年金の所得(収入マイナス費用 保険会社が収入はいくら、費用はいくらか通知をしてくれているはずです)を合算した値を雑所得として書いておきます。

※雑所得の場合、収入が2行 所得が1行となっているので、どう書けばよいのか、迷ってしまいます。

5、保険の満期返戻金などの一時所得がある場合
一時所得がある場合、収入の部の一時所得に受け取った額を
所得の部には、(収入金額−費用−特別控除50万円)×50%の金額を書いておきます(保険会社が収入と費用を通知してくれているはずです)。

※特別控除50万円を50%乗ずる前で引くのか、あとで引くのかを迷ってしまいます。

http://www.nta.go.jp/category/kakutei/tebiki/h18/b/

posted by SE会計士の日記 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

信貴山縁起絵巻

 奈良に信貴山というところがあって、信貴山縁起絵巻という有名な絵巻があります。(普段は奈良国立博物館で保管されています)

 この絵巻は、絵画としては、その写実的な描写(歴史的な資料価値)、ダイナミックなストーリーの表現(現代の漫画ですね)には、感心させられます。

 ところで、この絵巻のストーリーですが、とても不思議な感じがします。
命蓮上人をめぐる話で、「飛倉ノ巻」「延喜加持ノ巻」「尼公ノ巻」の3巻からなりますが、とくに、不思議なのは最初の2巻です。

http://www.town.heguri.nara.jp/manabu/bunkazai/bunkazai04_1.html

 まず、「飛倉ノ巻」では、命蓮上人が托鉢の鉢を飛ばして長者の家に托鉢を行たところ、長者がその鉢を倉に閉じ込めてしまいます。すると、鉢が倉ごともって帰ってしまうという話です。そのあと倉を取られた長者が「倉を返してほしい」といったら、倉は、返さないが中のお米は返しましょうということに。。。
 上人の超越した能力の強さは、わかりますが、ちょっと強欲?過ぎないでしょうか。それは、長者のケチな心根を批判した趣旨だとしても、倉は、返さないが中のお米は返すというのが、よくわかりません。普通、お米はいただくが倉は、返しましょう(もしくは、米も倉も返す)というのが普通じゃないでしょうか。上人は倉がほしかったのでしょうか?
 このストーリーで何を伝えようとしているのでしょうか???

 また「延喜加持ノ巻」では、命蓮上人が、信貴山に居ながら醍醐天皇の祈祷をして、病を直してしまうという話です。そのとき都に使わした、剣鎧護法(けんがいごほう)童子という、剣を鎧に着た童子は、いったい何を表現しているのでしょうか(医者?薬?ワクチン?)。

 ひょっとしたら、この絵巻には、何かとんでもない深い意味があるのかもしれませんね。


※信貴山縁起絵巻は、鳥獣戯画や源氏物語絵巻とならぶ平安時代の国宝です。

posted by SE会計士の日記 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

おすすめソフト その22 バリ3ネット

 外出しているとき、「○○さんの電話番号何番だったかな?」「あのお店の住所ってどこだっけ?」ということがよくあります。

よく使うところは携帯に登録してあったり、手帳に書いてあったりするのですが、めったに連絡しないところなどは、書いていません(こんなときに限ってその住所や連絡先が急ぎで絶対に必要な状況だったりします)。

パソコンなどが手近にあれば、それで検索するのですが、それもないときは、困ってしまいます。


そうした状況になったとき、よく使っているのがこのサイトです。
http://bari3.net/bari3m/soc/menu.asp

携帯電話用のサイトなのですが、タウンページのようにかなりの情報(電話番号・住所・地図)が載っているので、困ったときには良く助けてもらっています。

類似のサイトがあるのだと思うのですが、私は普段ココを使っています。

posted by SE会計士の日記 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

第二外国語

 大学生のとき、第二外国語としてドイツ語を受講していました。

選択したときには、あまり考えずに受講したのですが、私は、このドイツ語という科目が大変苦手でした。

英語もそんなに得意ではありませんが、あれこれ誤魔化しながらなんとかやりくりしてきました。しかし、ドイツ語だけはどうしようもありません。特に文法がやたら細かい、、、

たとえば英語なら、変化するのは動詞ぐらいですが、ドイツ語の場合動詞はもちろん、名詞まで男性名詞、女性名詞、中性名詞などわけのわからない変化をします。しかも冠詞も英語のようにaとtheだけでなく、男性、女性とばらばらと変化するため、教科書を数ページ読んだだけで、すぐに嫌いになりました。

ただ、第二外国語とはいえ、必修科目なので、卒業までには最低4科目取らないと卒業できません。

おまけに、そのドイツ語の教官には、アウシュビッツ○○○とかゲシュタポ×××とか、呼ばれる厳しい先生方が多くて、とても困りました。

とりあえず、訳本を入手して、教科書の余白に全部書き写しました。で、試験はボロボロになるのが、ほぼわかっているので、とりあえず全出席で努力点ねらい、、、、
年度末の試験勉強は大半ドイツ語だけ、やってました。それだけやってもギリギリの最低ライン合格というありさまで。。。

このときのトラウマでしょうか、楽しい番組もドイツ語で話されると、気持ちに軽いブルーが入ってしまいます。


世の中には、ドイツ語だけでなく、何ヶ国語も軽々マスターする人がいるようですが、それだけで、ものすごく尊敬してしまいます。


(ミッフィー)
http://www.youtube.com/watch?v=G8mfcqfgeHw

posted by SE会計士の日記 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

チョイ悪パンダ

 中国に出張された方から、お土産をもらいました。

箱には、熊猫曲奇餅(パンダクッキー)と書いてあって、中を見てみると、、、

えらく、怖い顔をしたパンダがいっぱい入ってこちらを睨(にら)んでいました。(割れてたりするとさらに怖い)
posted by SE会計士の日記 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

サラリーマン川柳

ただいま、恒例のサラリーマン川柳コンクールが行われています。

http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/2007_best100.html

なかなか、面白い投稿作品も多く、優秀な作品が目白押しです。

今回の投稿作品で面白いと思った作品は

・俺だって 診断結果は チョイ悪だ

・脳トレを やるなら先に 脂肪トレ

・ファミレスで おしぼり王子に なる上司

・エビチャンを 真似て巻き髪 オバチャンに・・・

・犬はいい 崖っぷちでも 助けられ

・岩盤浴(ガンバンヨク) 韓流スターかと 聞く親父

(過去優秀作品)
http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/19_bt10_l.html


posted by SE会計士の日記 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

合格倍率のマジック

 いま、大学受験シーズンの真っ只中なのでしょうか。
一年間の勉強の成果を発揮できた人、発揮できなかった人いろいろおられることと思います。

ところで、入試試験や就職試験、資格試験などいろいろ受験してきましたが、不思議なのは、合格率ってやつです。

30倍ぐらいの合格率で「こりゃだめだー」と思ってても、案外合格していたり、1.1倍で10人に一人しか落ちなくても、なぜか失敗していたりします。

 不思議なことですが、、、
どうやら、10回受けて10回とも合格する天才と、とりあえず受けて見ただけという冷やかし組が、これらの合格倍率を大きく左右しており、この人たちを除けば、(どんな種類の試験にせよ)本気で受験している人の実質的は合格率は1.5から3倍ぐらいになるような気がします。

そして、合否の当落ラインにいる人の最終結果は、ほんのチョットしたことで左右されるのだと思います。単語一つにしても、キチンと正確に覚えている人と、アバウトに覚えている人の微妙な差が当落線上の1点となり、最終的には、それが結果を大きく左右することになります。

(アニメキャラテスト)
http://www.youtube.com/watch?v=LjieIHmEcJM
posted by SE会計士の日記 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

銑鉄、高炉って何?

 先日、風呂上りに、居間に行くと、奥さんがキムタク主演「華麗なる一族」を熱心に見ていました。

足の爪など切りながら、一緒に見ていると

「専務!帝国製鉄からの銑鉄(せんてつ)の供給が止まると、わが社はつぶれてしまうんですよ!!」と叫んでいて、キムタク演ずる専務が「なんとしても、銑鉄の供給が止まる6月までに、人員を集めて突貫工事で高炉(こうろ)を完成させて見せる!!!」と熱演していました。

ドラマが終わってから奥さんに「なんで、銑鉄の供給が止まると、会社がつぶれるのかわかる??銑鉄って何か知ってる??」って聞くと、「全然、知らない・・・」と

どうも、前提基礎知識がなくても、キムタクのドラマは面白く見れるみたいですが、、ちょっとだけ解説します。

まず、鉄の作り方には、おおきく2つの方法があります。
一つは、鉄鉱石を溶鉱炉で溶かして作る、高炉という方法、それと、スクラップを電機で溶かして作る電炉という方法です。そして、鉄メーカーは、こうしてつくった鉄を堅い鋼(はがね)にして、平に延ばして板(厚板)にしたり、まっすぐ伸ばして棒(棒鋼)や、型鋼(H型鋼など)等をつくって販売します。それらは、再加工を経て、車の車体の一部になったり、機械、建設土木資材になったりします。

ただし、鉄メーカーの中には、溶鉱炉を持たずに、厚板や棒鋼をつくるだけの会社があります。そうした会社は、溶鉱炉を持つ製鉄会社から、溶鉱炉から出てくる鉄の半製品(これを銑鉄といいます)を購入して原料としています。

華麗なる一族に出てきた阪神特殊製鋼も、こうした会社の一つとして描かれています。そして、多額の設備投資(資金調達)により、自前の溶鉱炉(高炉)をもつことで、会社の生み出す付加価値を高め、鉄鉱石から最終製品まで扱える鉄の総合メーカーにまで会社のグレードをひき上げようと頑張っていたわけです。

 もちろん、溶鉱炉ができる前に、原料を買っていた溶鉱炉を持つメーカー(帝国製鉄)から、「おまえには銑鉄を売らないよ」といわれてしまったら、この会社は製品を作ることができず、倒産しちゃうというわけです。

(しかも、突貫工事で溶鉱炉建設を急ごうにも、当時の時代背景として、オリンピックや万博などのイベント、高度成長期の各企業の積極投資により、建設関係の人員の確保が極めて難しかったことも描かれています)

posted by SE会計士の日記 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

自分宛メールの活用

情報化社会が進んできたのでしょうか。
 いままでなら「こんな家には、絶対パソコンなんて置いてないだろうな!」と思われたところにも結構インターネットにつながったパソコンがおいてあったりします。

 また、パソコンがなくても、電子メールの送受信できる携帯電話ぐらい持ってることがアタリマエになってますので、電子メールというのが、日本の社会では、ものすごく普及していることが容易に推測できます。

このものすごく普及しているメールですが、「誰かから、誰かへのお手紙」の役割だけでなく、ちょっと一工夫で、とても便利な使い方もできます。

1、注意を喚起する自分宛メール
 タイマーのように、期日がきたら自分宛にメールを送るシステムがあります。大手プロバイダーのWEBメールなどに自分宛メール配信をスケジュール登録することができますし、ヤフーのリマインダーも同様のものです。大事な人の誕生日、免許・車検・パスポートなどの切り替え期日、仕事の締め切りなど手帳とは別に登録しておくと、以外に助かりますよ。。。

(大事な人の誕生日を登録しておくのはいいですが、それほど親しくない人の誕生日まで登録して「今日、君の誕生日だったね!」というとストーカー扱いされちゃいますので要注意。)

2、フセン紙メモ代わりのメール
 とりあえず、メモするものがないときは、自分宛にメールを送っておきます。いっそ「ポケット一つの原則」で、情報はぜんぶメールで管理してみるのも面白いかもしれません。
 用件ごっちゃになって怖いと思う人は、メーラーの振り分け機能※を上手に使うと、うまく整理できますよ。

3、メーリングリスト
 なんどか紹介している、メーリングリストです。普段会えない人同士が、グループ活動を進める時などに最適の情報ツールです。


※特定のあて先からのメールや特定キーワードを含んでいるメールなど、条件指定しておくと、その条件にあったメールを通常のメールとは別フォルダーに保管してくれる機能
posted by SE会計士の日記 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

水森亜土さん

 うちの家のリビングには、ひとつの絵が掛かっています。

それは、水森亜土さんの描いた、薄いグリーンの色調のとても楽しそうな絵(漫画)で、去年の確定申告明けにいくつかの絵の中から選んで購入したのですが、とても気に入っています。

 亜土さんは、漫画も描きますし歌もうたわれますし(代表歌 アレアレアラレちゃん)、芝居もされますし、とても多芸な方です。(しかも、はやりすたりの多い、世界で、ながーく活躍されている方です。)
http://www.character.co.jp/ado/

※奥さんも大好きで、うちのトイレのカレンダーは、毎年、亜土ちゃんカレンダー

(アレアレアラレちゃん)
http://www.youtube.com/watch?v=HZkXGYJrOOA

(どこの国バージョン??)
http://www.youtube.com/watch?v=-oNn1NQSOmw
posted by SE会計士の日記 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

ラジオに出ました

 先日、ラジオ放送 (「さてはトコトン菊水丸」 MSB)に出演させていただきました。
 私の出番では、今年の確定申告について簡単な説明をするだけなのですが、スタジオに入る前は、ちょっと緊張しました(生放送ですので、つまったり、とちったりしたらどうしようかと、、、)。

 CM放送中にスタジオに入ったのですが、菊水丸さんをはじめ、出演者の方々に軽い雑談で緊張をほぐしていただいたので、割とスムーズにお話しすることができました。。。

http://www.mbs1179.com/kiku/
posted by SE会計士の日記 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

雨ニモマケズ


宮沢賢治の作品に「雨ニモマケズ」という有名な詩があります。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテイル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキ小屋ニイテ
東ニ病気ノ子供アレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニ疲レタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニソウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイウモノニ
ワタシハナリタイ

とても不思議な詩です。
読む人の意識、考え方、置かれている状況によって、いろんな読み方が出来ます。

もともと賢治の手帖に書かれていたものだそうです。
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/kenji/index.php

この宮沢賢治の不思議な詩のパロディとして
「雨ニモアテズ」という現代の子供の育て方を批判した詩もあります。
これもなかなか考えさせる一文です。

雨ニモアテズ
風ニモアテズ
雪ニモ 夏ノ暑サニモアテズ
ブヨブヨノ体ニ タクサン着コミ
意欲モナク 体力モナク
イツモブツブツ不満ヲイッテイル

毎日 塾ニ追ワレ
テレビニ 吸イツイテ遊バズ
朝カラ アクビヲシ
集会ガアレバ 貧血ヲ起コシ
アラユルコトヲ 
自分ノタメダケ考エテカエリミズ
作業ハグズグズ
注意散漫スグニアキ
ソシテスグ忘レ
リッパナ家ノ自分ノ部屋ニ閉ジコモッテイテ

東ニ病人アレバ 医者ガ悪イトイイ
西ニツカレタ母アレバ 養老院ニ行ケトイイ
南ニ死ニソウナ人アレバ 寿命ダトイイ
北ニケンカヤソショウガアレバ、
ナガメテカカワラズ
ヒデリノトキハ冷房ヲツケ
ミンナニ 勉強勉強トイワレ

叱ラレモセズ
コワイモノモシラズ
コンナ現代ッ子ニ
ワタシハサセタクナイ

※最近、宇佐元恭一さんがつくった「雨ニモマケズ」(歌詞は宮沢賢治のまま)という歌が東北地方で流行っていているようです。良い歌なので一度聴いてみられては、、、
http://www.asaikikaku.co.jp/new/images/amenimomakezu.mov


posted by SE会計士の日記 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

キーマンと会わないと!

 営業成績の上がらない人がいます。
それどころか、クレームもよく起こします。

 何か長時間残業して頑張っているようなんですが、なぜか数字に結びついていきません。

「おかしいなあ?」と思って、その行動を観察してみると、なんとなく理由が分かりました。どうも自分が売ろうと思っている商品の購入決定権限のある人物(キーマン)に会っていないのです。奥様であったり、現場担当者であったり、事務員であったり、客先に行ってそういった人に会っていただけのようです。

 もちろん、最初は現場の担当者に接触することになるでしょうし、大きな会社の場合は、何段階もそうしたステップを踏まないとたどり着けないところもあります。しかし、なるべく早く、キーマンにこちらの提供する商品をしってもらい、必要か不要かを判断していただかないと、いたずらに時間と営業コストを冗費するだけになってしまいます。営業している本人もおもしろくないことでしょう(本人にその判断ができないなら、上司が押すなり見切るなりして適切なアドバイスをすればよいのですが、、、)。

 営業を伸ばすためには、キーマンに会うことが大切です。そしてキーマンと話すことにより、顧客のニーズにあった商品を提供することが可能となります。
(キーマンズネット)
http://www.innovation.co.jp/service/net-keyman.html
posted by SE会計士の日記 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

早い春

 気がつくと、隣の雑木林で梅の花が咲きました。

今日、いっしょに仕事してた人がグスグスと、、、ひどい花粉症に苦しんでました。

春一番が吹いています。

つい先日、節分だったとおもっていたら、もう春が来ています。

posted by SE会計士の日記 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

手書の申告書

 たまに、よその税理士さんのつくった決算書を見ることがあります。
ほとんどは、コンピュータによる申告書システムから打ち出したもので、様式も法律で決まっているので、外見上大きな違いはありません。※

 ところが、時に、手書きで書かれた申告書・決算書を見ることがあり、そのときは逆にびっくりしてしまいます。「この先生は、いつも手書きで書いてらっしゃるのだろうか? 手書きにすると、合計や計算する部分もいちいち電卓を置かないといけないし、不一致がでたとき、どこに原因があるか突き止めるのが大変じゃないのかなあ??」と思ってしまいます。

 いちばんすごかったのは、申告書・決算書だけでなく、仕訳帳や元帳まですべて手書きで書かれてあって、、、しかも小さな個人事業だけではなく、立派な中堅企業まで顧問先すべて手書きになっていて、、、その作業量を考えると想像を絶します。

ところが、実際にその先生にお話を聞いて見ると、「コンピュータは良くわからないし、手書きの方が慣れているので、安心だしね!」とおっしゃられます。。。
確かに昔はコレが当たり前だったので、特に驚くことではないのかもしれませんが、習熟した人間の能力の高さには驚かされてしまいます。


※使っているシステムによって申告書・決算書のちょっとした文字フォントの違いや線の太さが少し違うので、「なるほど、この先生はこの会計システムのユーザーなのか」「この先生は、ココのシステム使ってるんだ」ということが慣れてくると分かってきます。もっとも分かったからといって何のメリットもありませんが、、、、
posted by SE会計士の日記 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

おすすめソフト その21 超録

 いろいろな会議や研修会などに行くと、ノートを取りながらボイスレコーダーやテープレコーダーで録音されている方がおられます。また、電車の中でラジオ講座などを聞いている方も少なくありません。

こうした方にお勧めなのが超録というソフトです。
http://pino.to/choroku/

このソフトは、そうした音声情報をMP3などのパソコンで扱いやすいファイル形式に変換してくれます。いろんな形式の音声データを統一した形式のファイルに変換しておくことで、i-podなどに保管しておくこともできますし、CD−Rなどの媒体に移しておくことができます。(取り扱いが統一できて保存にはとても便利です。)


 また、自分で録音したもののように、自分自身に権利があるものでしたら、ポッドキャスティングで配信したり、ネット上に置いて誰でも(もしくはパスワード認証でも付けて、特定の人だけ)に聞いてもらうこともできます。



posted by SE会計士の日記 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

もうすぐバレンタインデーです。

もうすぐ、バレンタインデーです。

デパートやお店に行くと、チョコレートが山のように売られています。
(聞くと、この時期しか手に入らないチョコもあるようで、、、、)

ビターなチョコ、ミルクの入った甘いチョコ、イチゴ、ホワイトチョコ、、、

いただくのは、うれしいのですが、気になるのがお返し、、、
「女性全員からまとめてどうぞ、、」と渡された義理チョコのお返しをどうしようか、いつも悩んでしまいます。。。
posted by SE会計士の日記 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

合格駄菓子

 数年前ぐらいからでしょうか、チョコレートのKitKat(キットカット)が九州弁で「きっと勝つ」というのとゴロが一緒ということで、受験シーズンによく売れたそうです。

去年ぐらいから、それにあやかって、いろんなお菓子が合格駄菓子として、店頭に並んでいます。

代表的なものは
1、うかーる(明治製菓 カール)

2、ハイレルモン(明治製菓 ハイレモン)

3、コアラのマーチ(ロッテ 寝てても落ちない)

4、カナエルコーン(東ハト キャラメルコーン)

5、成績あっぷっちょ(UHA味覚糖 ぷっちょ)

http://www.puccho.jp/up/index.html

年を追うごとに、かなり強引になってきてますが、、、、来年は何が出てくるのでしょうか?


posted by SE会計士の日記 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

迷惑FAX


 迷惑FAXがよく送られてきます。
私の場合、「リサイクルトナー&OA機器ががこんなに安い!」とか「税理士が顧問先を増やすのは、これしかない!!」とか、「緊急セミナー うちの事務所の経営指導ノウハウを公開します!」といった内容が多いのですが、
おそらく税理士名簿アタリを見て、手当たりしだいに送っていると思われるものも多く、「正直、迷惑だなー」感じることが少なくありません。

(送る人にとったら1000件送って1件申し込みがあればOKということなんでしょうが、、、)

いままで、振込め詐欺のハガキやスパムメール同様、無視放置してたのですが、さすがに深夜や早朝送信されてくるものも多く近所迷惑なので、「もうFAX送らないで」と書いて返信することにしました。

多くは、それを送ることでもう送られてこなくなるのですが、中にはひどいものもあります。

「FAX不要の方は、こちらにお送りください」とわざわざ別のFAX番号が書いてあるのですが、そちらに送るといつも話中・・・(何度か再送信の後、話し中で送信できませんでしたというレポートがFAXから打ち出されています。)
しょうがないので、別の番号にFAXしとくと「弊社セミナーに参加申し込みいただきありがとうございました・・・」だって・・・

(っ`Д´)っ・:∴ゴルァ!!!!!!


posted by SE会計士の日記 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ナッシュ均衡解

 経済学の世界では、企業は利潤を追求することで、消費者は幸福を追求することで、市場での交換を通じて、最適なところに収斂(しゅうれん)していくというのが基本モデルとなっています。

 もちろん、現実の世界では、そうした自由気ままな経済行動を許すことで、環境問題(外部経済)、生産手段、富の集中(独占、所得再配分)、失業(有効需要)、インフレ、恐慌、バブルなど異常事態が発生してしまうことは良く知られたことです。経済学というのは、その異常現象について「あーでもない」「こーでもない」「こうすれば良いんじゃない」と説明している科学だと言うことも出来ます。

そうした「市場は万能ではない」ということを説明する理論の一つとして、数学者ジョン・ナッシュ氏の発表したナッシュ均衡解というものがあります。
 詳しく説明しだすと、「角谷の不動点定理の応用の一つで・・・」と超難解な世界になっちゃうので、分かり易い例を挙げて説明してみます。

たとえば、あなたと相棒がなにか犯罪を犯して警察に捕まって別々の部屋で取り調べを受けているとします。
警察はあなた(相棒にも同様)にこういいます。
「もし、おまえが自白して、相棒が黙秘してたら、懲役1年にしてやろう、もし、おまえが黙秘して、相棒が自白したら懲役10年を食らわせてやる」「どちらも、自白しなかったら懲役5年、どちらも黙秘してたら懲役3年になるよ」

あなたは、相棒を「絶対黙秘するはず」と信用していなければ、次のように考えるでしょう。
「相棒が黙秘してたら、こちらが自白すれば1年(<10年)ですむ。」
「相棒が自白してても、こちらが自白すれば5年(=<5年)ですむ」
ならば、「相棒がどんな行動をとるにせよ、おれは自白した方が得だ!」と、、、
相棒も同様に考えるでしょうから結果はあなたも相棒も5年の懲役になります(この状況がナッシュ均衡解です)。

でも良く考えたら、あなたにとって、ともに黙秘する3年の懲役の方がナッシュ均衡解で導かれる結果より良いはずです。(「囚人のジレンマ」)
つまり、「市場(交渉過程)で最適な行動を取ったつもりが、最終的に望ましくない結果になることが世の中にはいっぱいありますよ」というのがこの理論の結論です。

 「なーんだ、あたりまえじゃない」と思われるかもしれませんが、ナッシュさんこの理論を発表したことでノーベル経済学賞を受賞しています。

http://cruel.org/econthought/profiles/nash.html

ちなみに、このナッシュさん、「ビューティフル・マインド」という映画の主人公にもなっていて、その後、この映画はアカデミー作品賞を受賞しています。
posted by SE会計士の日記 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。