2007年03月31日

日本語メッセージTシャツ?

 奈良や京都は観光都市なので、外国人の方もよく見かけます。
先日も近鉄電車に乗っていたら、地図を片手にフランス人ぽい、男女の方を見かけました。
「どこに行くのかなあ?」と思って見ていると、男性の方の着ているシャツに気がつきました。それは、日本語の書かれているTシャツ(最近、はやっているようですね)を着てて、その内容にビックリ

マクドナルドのピエロ(ドナルド)の絵が描かれていて、一言「日本人なら米を食え!」と赤い字で書かれていました。

 うーん、外国人が着てると、とても意味深い、、、

http://sagisou.sakura.ne.jp/~sakuchin/kazumi/05/92.html

posted by SE会計士の日記 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

XBRLについて

 かつてホームページを作るときにはHTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)という文法でシコシコ書いていったものです。

<タグ>なんとかかんとか</タグ>
てなぐあいに。
HTML言語はとても単純で覚えやすいのですが(最近は機能拡張されてそうでもない)、複雑なことはできません。

コンピュータでもっと利用しやすくつくった言語体系がXMLというものです。もっともXMLは言語のルール体系(メタ言語)であって、言語そのものは別の形で具体的、目的別に規定されていきます。たとえば、RSSのようなニュース配信、音声配信ツールとして使われたりしていきます。

こうしたものの一つとして企業の財務データを規定したXML系の言語としてXBRLというものがあります。

 普段あまり目にすることがないかもしれませんが、社会の財務情報流通をささえる基礎技術として良く使われています。

 たとえば、国税の電子申告のデータ交換にこれが使われています。また、証券取引所や情報開示のEDINET、決算短信、銀行の評価や銀行による企業評価にも活用されています。

XBRLやXMLの情報規定の仕組みは、よく考えられていて、拡張可能で、とても面白いのですが、詳しいことは別のサイトをみてください。

http://www.xbrl-jp.org/

面白いのはXBRLを独自拡張できるところです。とても便利な機能なのですが、使い方によってはとんでもないことになります。たとえば、独自の科目をつかおうとして、XBRLを自分勝手に拡張すると(会計ソフトの新規科目の追加のようなイメージ)、受け手側(国税や国税の調査対象抽出プログラムなど)の方では「変な科目の金額がとんでもなく膨らんでいる・・・あやしいぞー!」ということになり、大調査がはじまっちゃったりするかもしれません。。。

※実は会計の専門家でも、このあたりのことは、ほとんど理解されていません。
posted by SE会計士の日記 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

はじめての棚卸の立会い

 会計監査の重要な証拠あつめの手法(監査手続)として、企業の在庫棚卸に立会うという手続きがあります。

 在庫というのは、財務諸表の重要な項目の一つであり、それが実在すること、および、評価金額が正しいことというのは、調べておくべき項目です。
ところが、在庫というのは、膨大な量があるので、会計士一人では見切れません。そのため、企業の方に棚卸をしていただいて、その現場に立会うことで代用してるのです。


十数年前、新米会計士だったころ、上司に指示されてこの棚卸の立会をはじめて経験しました。もっともそのころはど新人だったので、企業の棚卸ってどうするのか(教科書以外)実態を全く知りませんでした。

また、棚卸は、地方の倉庫などに行って、会計士一人(棚卸はいろんな会社で同じ時期に行いますので人手不足)で行うことが多いのです。

早朝から始発の新幹線に乗って出かけていって、上司に渡された手続書(チェックリスト)一枚もって、現場(田舎の営業倉庫)に着きました。
「さあ、どうしたものか?」と思いましたが、現場の棚卸責任者と本社からこられた営業統括部長と名刺交換して、棚卸がスタートしました。

背広にヘルメットをかぶりながら、在庫のある場所をあちこちうろうろしてみました。とりあえずは、真面目に棚卸作業をやられている様子だったので、まあ大丈夫なのかもしれませんが、とても「在庫金額を証明するに値する監査証拠を得た」と自信をもって言える状態ではありません。
不安になったので、近くにおられた本社統括部長の方に「実は、こちらの棚卸の立会いは初めてなので、棚卸作業のチェックのし方など教えてもらえませんか」とたずねてみました。(ほんとは、監査人はなめられたらいけないので、こうしたことはルール違反です。相手の方も内心あきれられたのかもしれません。
ただ、聞いておいてよかったと思いました。いろいろと親切に教えていただき、サンプルの収集や基礎データとの突合せ、棚卸の問題点の洗い出し、長期滞留在庫の発見など、それなりの棚卸立会作業を行うことができました(なんとかカッコがついた。少なくとも一人のひよっこ会計士の育成には役立った)。

お昼過ぎに棚卸が終わって、本社統括部長さんと一緒にご飯を食べていたとき、、

私「今日はいろいろ、教えていただいてありがとうございました」
部長「いえいえ、、、、実はわたしにとっては棚卸などどうでもいいのです(できてあたりまえ)。」
私「え?」
部長「私にとっては、こうした地方の営業所の実態を見ておくことの方が大切なのです。まあ、報告書はあがってきますが、それだけではここの実態は分かりません。
 実質的に、この現場を切り盛りしているのが誰で、誰ががんばっていて、営業成績をあげるために必要な人材が何処にいるのか確認しにきているのです、、、」

私「なるほど!」

監査の教科書に書いてある棚卸と実際の棚卸のポイントは、ずいぶん違うものです。



posted by SE会計士の日記 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

朝、ウグイスが鳴いています

 朝起きて外に出てみると、隣の雑木林で鶯(ウグイス)が鳴いています。
はじめは、あまり上手に鳴いてませんでしたが、最近は声高らかに、ホーホケキョと鳴けるようになってきました。
http://www.asahi-net.or.jp/~yi2y-wd/a-uta/uta-uguisu.html

※昨日から、サクラもちらほら咲いてきました。
posted by SE会計士の日記 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

地方税の創業促進税制

 企業が増えてくれないと、税収もあがりません。そこで、新規創業者には、税制上の優遇措置が用意されています。また国税に該当する優遇税制がなくても地方税(県や市)の部分で使えるものが用意されていることも少なくありません。

うちの事務所でよく使っているのが、大阪府の創業促進税制です。

平成13年4月から平成19年3月末までの間に設立された大阪府に本店を置く、風俗営業以外の新規設立法人に対して、創業より5年間、事業税を90%(特定業種中小創業法人)もしくは50%(その他)減税してくれる措置です。

(大阪府商工労働部経営支援課)
http://www.pref.osaka.jp/keieishien/keiei/

http://www.pref.osaka.jp/keieishien/keiei/sogyozeisei.html

大阪府以外でも、新規設立法人に優遇措置があるケースがありますので、都道府県、もしくは税理士さんに相談するなどして調べておかれたらいかがでしょう。(申請手続きが法人税の申告期限前に来るものもありますので、注意してください。)

posted by SE会計士の日記 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

優れた企業の設備投資は海外へ

 シャープに亀山工場という有名な生産拠点があります。
http://www.sharp.co.jp/kameyama/feature/index.html

この工場は、シャープの主力商品のひとつである液晶を生産しているところですが、優秀な技術者と最先端技術の集積があり、商品開発力の高い日本を代表する生産拠点です。

 先日、液晶関係の技術者の方とお話していましたが、こうした立派な生産拠点ができた原因のひとつとして三重県のバックアップがおおきかったという話を聞きました。三重県の北川知事によるクリスタルバレー構想により、生まれた産物です。

 残念ながらこうしたバックアップをうけられるケースはあまりなく、多くの日本のメーカーの生産拠点はアジアなどの海外に出て行ってしまうのが現実です。日本が長年かかって蓄積してきた技術力も、巨額設備投資もお金も優秀な人材もすべて海外に落とされていきます(先日聞いた話では一兆円の工場を税制面資金面でバックアップを受けられる国(アジア)で建てるそうです)。

 もったいない話です!!
posted by SE会計士の日記 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

選挙の投票所の裏側

 今年は統一地方選挙や参議院議員の選挙があり、選挙運動真っ盛りです。

先日も、某金融機関の税務相談の当番の時、こられた相談者の方が、ひととおり税務相談を終わった後、

「ところで先生、どちらにお住まいですか?」
「○○市に住んでますが」
「××市にお住まいの方ご存知ありませんか?」
「××市で開業している税理士さんでしょうか?」
「いえ、××市でこんど選挙がありまして、??党の△△先生が立候補されます。とても立派な方で、××駅近くの陸橋をつくったのも△△先生で、、、、」

ちょっとびっくりしたのと、選挙が近いのだと実感したのですが、、、

ところで選挙といえば思い出すことがあります。
実は、私は選挙の投票所の運営を何度経験したことがあります。
どんな風にやるかというと、、、

 まず、投票所の設営を前日に行います。
公民館や学校の食堂などを借りて設営するのですが、まず、入っている机や椅子などを別室にどけます。記載台などを設置していきます。
そして、選挙に影響しないように、ポスターや展示物を隠します。そして、時計にはなぜか「調整中」の張り紙をしておきます。
ひととおり、場所を設営したあと、きちんと戸締りして、投票所の周辺を見回ります。(投票所の周辺にあるたて看板などが投票所敷地に掛かっていると違反なので、違反たて看板などは、敷地に掛からないように注意)。

次に遅刻しないように、近くのホテルに泊まりこみます。(「なぜか、シラフじゃ眠れないからといって、グデングデンに酔っ払うまで飲んでる人も」)

当日になると、選挙名簿の照合作業をやる人、立会人さんを含めて朝礼を行います。そのあと皆さん所定の位置について、投票所を開場し、カランカランと鐘(かね)を鳴らします。

一人目の方が入ってきたら、投票箱を開けて中が空っぽであることを確認してもらいます。その上でガチャリと施錠します。

その後は、皆さんご存知の流れで、選挙名簿と確認して記載台で記載し、立会人さんの前で投票していくのを見ているだけなのですが、この間にも作業があります。

一時間ごとに選挙名簿の照合の方に照合した数を教えてもらい、選挙本部に電話連絡します。こまかく何人と連絡するのではなく、「男100人、女100人です」と大雑把な丸め数字で連絡することになっています。

投票所は時間がきたらピッタリに閉めます。5分前になったら、道に出て「いそいでください。走ってください。もうすぐ投票所がしまりますよーーー!」といって大声で呼び込んだり。

 無事投票が終わったら、投票所を元に戻して、投票箱を開票所行きのトラックに乗せて投票所の運営は終わりになります。


 アクシデントはいろいろあります。引っ越されて選挙にこられたけれど、基準日の選挙人名簿に氏名が記載されてなくて、「前の住所で投票してください。ここでは投票することができません」といって「なんでや!」と怒られたり、、、

一番覚えているのは、選挙にこられた方が脳溢血で倒れたことがありました。
寒い冬の選挙だったので寒い戸外から暖房の効いた投票所に入って、また寒い戸外に出たためでしょうか。出口のところで、バッタリ倒れられて、グウグウイビキをかいて昏倒されていました。

 「わぁ!大変だぁ!!」ということで、電話で救急車を呼び、「脳溢血だから、うごかしちゃ駄目駄目」ということで、投票にこられた方や野次馬を交通整理して、「××の○○さんや」という方の話を聞いてご自宅に電話したり、、、

あと、投票を棄権する無関心層も困ったものですが、寝たきり老人を無理やり引っ張り出してこられる人も多くて、「確かに選挙は大切だけど、こうゆうのも、どうなんだろう?」と感じたものです。


投票所の運営は、結構単純な作業ですが、間違いが許されないし、結構気を使う仕事です。

posted by SE会計士の日記 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

新薬師寺の十二神将

 奈良には薬師寺といわれるお寺が二つあります。
ひとつは西ノ京にある薬師寺、もうひとつが高畑にある新薬師寺です。どちらも本尊は薬師如来。

新とついているから、薬師寺がほんまもんで、新薬師寺がバッタもんというわけではありません。新薬師寺の新とは「霊験あらたかな薬師様」という意味でどちらも国宝級のお寺です。


http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/index.html

この新薬師寺には、本尊の薬師如来座像のほかに、十二神将の像が有名です。
薬師経を信仰する者を守護するとされる12の武神の像で、ギリシャ彫刻のような力強い像です(みうらじゅんさんみたいな、ディープな仏像ファンには必見)。
十二神将の内訳は

宮毘羅(クビラ):子
伐折羅(バサラ※):丑
迷企羅(メキラ):寅
安底羅(アンテラ):卯
頞爾羅(アジラ):辰
珊底羅(サンテラ):巳
因達羅(インダラ):午
波夷羅(ハイラ):未
摩虎羅(マコラ):申
真達羅(シンダラ):酉
招杜羅(シャトラ):戌
毘羯羅(ビカラ):亥

となっており、それぞれ干支に対応しています。


※バサラは500円切手(画像参照)で有名です。

posted by SE会計士の日記 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

マニフェストについて

 マニフェストというものがあります。

よく知られているのは、選挙の前に候補者が「私は、当選のあかつきには、こんなことを実行します!!」と宣言する選挙公約が有名ですが、ここでお話しするのは、そのマニフェストではありません。

環境問題に関することです。

産業廃棄物を処理する場合、事業者は産業廃棄物処理業者に所定の伝票を交付しなければいけないことになっています(廃棄物処理法)。
http://www.eco.pref.mie.jp/jyourei/todokede/mani/
http://www.eco.pref.mie.jp/jyourei/todokede/mani/page5.htm

この伝票のことをマニフェストといいます。
このマニフェストを通じて、事業者は産業廃棄物に関する情報を伝えることができますし。処理が完了すると控えが事業者のもとに返送されてきますので、処理の顛末を確認することができます。

このマニュフェスト制度も、不法投棄などを防止し、環境守るための仕組みとして役立っています。(とはいえ、家庭ごみの不法投棄などは、まだまだなくなっていませんが、、、
http://88henro.org/article/3382519.html

産業廃棄物マニフェストもIT化推進の流れを受けて、電子マニフェストの推進が行われています。
http://www.jwnet.or.jp/jwnet/


posted by SE会計士の日記 at 08:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

まいどおおきに食堂の写真

 まいどおおきに食堂という食堂チェーン店がものすごく増えています。

実際の店舗名はその土地の地名(○○町)をつけた○○食堂という名前になっています。
http://www.shokudo.jp/

フジオフードという会社がベンチャーリンク社と組んでFC方式で、お店を増やしているようなのですが、奈良だけでも22店舗(2007年2月現在)なっています。
おそらくオープンはここ1〜2年、、、
http://www.fujio-food.com/

お釜で炊いたご飯とおかず、安くておいしいのですが、ひとつ気になっていることがあります。それは、店の中に白黒写真が飾ってあることです。
http://www.fujiofood.com/company/index.html

おそらく大阪の天神橋筋あたりにある古い食堂の写真で、おやじさんが何人かの子供と写っている写真です。ものすごくメニューが多い、、(おそらく社長さんの子供のころの写真でしょう)


私も、その近くに住んでいたことがあり、同じ形態の小店舗があり、よく仕事帰りに夕食を食べに行ってたことを覚えてます(フツーの食堂のわりには、明るくて清潔なつくりのお店だったという印象あり※)。あの食堂がこんなに大きな企業になっちゃうとは!!!!

※当時の食堂は、汚いが、安くてうまいというのが普通でした。
床はギトギト、薄暗い蛍光灯の照明の下で、ガラスのケースのなかから、適当にお皿を取ってきて、おばちゃんにレジしてもらうのが普通でした。その店は、明るくて、キレイで安くて、うまい店になっていました。


ビジネスの種は意外に身近なところにあるのかもしれません。
posted by SE会計士の日記 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

パスワード、パスワード、パスワード

 今年の確定申告で、何件か電子申告で提出しましたが、あらためて気づいたことがありました。

それは、パスワードが多すぎることです。

電子申告をおこなう流れを大雑把に説明すると
(0)機器としてはパソコンとICカードリーダライタを用意
(1)公的証明書(住基カードや日本税理士連合会の証明書などのICカード)を入手
(2)税務署に電子申告の開始届を提出して、通知書を受け取る
(3)電子申告用のソフトをいくつか入手してパソコンにインストール
(4)申告データの作成し
(5)国税局のコンピュータにログインして認証、申告データをオンライン提出
となります。

大切な税金を扱うので、通常のネット取引より慎重な取り扱いがされているのは仕方ないのですが、、気になったのは、パスワードの多さです。

・公的証明書を使うための認証PINといわれるパスワード
・電子申告の開始届けを提出すると送られてくる利用者識別番号といわれるパスワード(所定期間内に変更しないと無効に)
・電子納税のためのパスワード
・電子納税のためにネットバンキングの銀行口座をつくったらそれにもパスワード

の4つもパスワードが存在します。(場合によったら、パソコンのOSにもパスワードを設定しているケースありますね)

しかも、それぞれ独自の名称であったり、同じ名称であったり(発行機関が違うためルールがバラバラ)

比較的パソコンに強い人でも手続きにはちょっと戸惑うかもしれません。まして、新しい機械に弱い人なら、途中であきらめちゃうかも、、

電子申告も今年から実質的に普及し始めているのですが、まだまだ工夫の余地がありますね。
http://www.e-tax.nta.go.jp/

posted by SE会計士の日記 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

サブプライムローンとは

 アメリカでサブプライムローンの不良債権化が問題となってきています。
サブプライムローンとは、次のようなものを言います。
プライムとは優遇という意味です(優遇金利のことをプライムレートなどといいますね)。プライムローンというのは金利面で優遇された貸付のことをいいます。
で、問題のサブプライムローンとは、サブということなのだから、プライムローンに次ぐ優遇ということというイメージでとらえがちです(まあそれでも間違いではありませんが)。しかし、実態は、信用度の低い人(貸しても返してくれなくなる危険が高い人)でも、金利が高くなりますが、貸してあげてもいいですよという高利のローンと考えたほうが正確です。

今回不良債権化しているのは、住宅サブプライムローンのことで、このおかげで今まで住宅が買えなかった人でも、なんとか買えるようになりました。

ところで、なぜこんな金融商品が成立したかというと、アメリカの不動産が右肩上がりで上昇を続けていたからです。
当然、信用度の低い人への貸付ですから、返せなくなることがあります。それでも、担保に取っていた不動産を処分すれば、金融機関は、金利を含めて債権回収が十分可能であり、おいしい商品であったからです。

ところが、最近、不動産が右肩上がりであがることがなくなり、このシナリオが成立しなくなりました。債権者がサブプライムローンを返せなくなると、不動産を処分しても相当程度の焦げ付き、貸し倒れが発生することになります。
しかも、サブプライムローンの中にはゆとり返済のように数年後に返済額が上がるものが多く、その時点で問題が表面化することも、、、

この話を聞いて、「どこかで聞いた話」と思われたに違いありません。
日本の不動産バブル崩壊や住宅ローン問題とほぼ同じ状況だからです※※。

どこの国であっても、人間のやることですので、同じような問題に突き当たるようです。

なお、このサブプライムローンの不良債権化、破綻問題は、日本経済も無関係ではありません。サブプライムローンを貸し込んでる金融機関(グループ)がキャッシュを確保するため、手持ちの有価証券(ちょっと上がった日本株)を世界の市場でドッと売却(利益確定)していくからです。

※この不動産バブル崩壊の影響は長く、今でも、バブル時代に無理して住宅を購入して二束三文で売却した確定申告書を書くことが少なくありません。
posted by SE会計士の日記 at 08:23| Comment(12) | TrackBack(7) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

「華麗なる一族」のモデル

 山崎豊子原作「華麗なる一族」がキムタク主演でドラマとなり、話題となりました。スタートから好調なようで、キムタクを取り巻く実力派の俳優と豪華なセットを配しており、TV局が最も力を入れているドラマということは、すぐにわかりました。(うちの奥さんも毎週ビデオじゃなく、ちゃんと放映時間にTVの前に座って見るほどで、、、)

「白い巨塔」のように、山崎豊子さんの描くどろどろした人間関係とストーリーをじっくり見ていくのも面白いのでしょうが、、、、、このドラマ「華麗なる一族」の背景になった事件があります。そして、それが、日本の会計監査制度と深く関係しているのですが、、、(ドラマは、現実と少しストーリーが異なって描かれていくと思いますが、ネタバレのようで見たくない人は以下読まないでください。)





その事件は「山陽特殊鋼事件」といいます。

 山陽特殊鋼という会社は、特殊鋼を作っている会社でしたが、当時多額の設備投資を行い、その負担に耐え切れず1965年に倒産し、多くの下請け会社の連鎖倒産をも引き起こしてしまいます。そして、倒産後、多額の粉飾決算(ライブドア事件等でも問題になっている)が発覚し社会問題化することになります。これを契機に、日本の監査制度の充実(証券取引法、公認会計士法改正)、会社更生法の改正が行われました。たぶん、公認会計士をはじめ日本の会計監査制度に関わっている人は、ほとんど知っている大きな事件です。
http://www.mof.go.jp/zaimu/30nenn/main/020203.htm

なお、山陽特殊鋼はその後立ち直り東証一部に再上場されています。
そして当時の山陽特殊鋼のメインバンク神戸銀行は→太陽神戸→太陽神戸三井(さくら)→三井住友と合併(銀行再編)していくことになります。
posted by SE会計士の日記 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

花粉症対策

 花粉症に悩んでいる人がまわりに増えてきました。
特に奈良は山に囲まれた盆地のため、花粉の飛散もすごくて、花粉症の人には厳しい環境です。
私も、軽度の花粉症のため、この時期から、鼻、目のどに軽いかゆみや違和感を感じることが少なくありません。

私のとってる花粉症対策は、
1、外から帰ったら手洗いウガイ
 インフルエンザ対策もかねていますが、外から帰ったときは必ず手洗いウガイをして、花粉を洗い落とします。

2、コートを外でバタバタ
コートに花粉がつきますので、そのまま家に持ち込まず、外でバタバタ振り払って家に入ります。

3、それでも駄目ならお薬

タリオンという薬を処方してもらっています。


4、何アレルギーか知っておく
 お医者さんに言って、何に対してアレルギーがあるのか血液検査をしてもらっています。杉だけでなく、カモガヤ、ハウスダストなど人によって反応が異なります。花粉症対策のためには、まず自分の体質を知っておくことがとても大切です。

http://health.nifty.com/kafun/


posted by SE会計士の日記 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

Wiiの似顔絵

 昨年末に発売された新ゲーム機(PS3,Wii、Xbox360)は、今のところWiiの圧勝みたいですが、、、
私もWiiをなんとか一台手に入れました(新らし物好き、、、)。

まだまだ、対応ソフトが少ないですが、Wiiリモコンを活用した、動かし方の面白さが大変わかりやすく感じます(子供でもすぐわかる)。

代表的なソフトであるWiiスポーツをやりましたが、これも単純に楽しめます。またネットとの接続も可能性を感じさせます(旧作ソフトのダウンロード販売やOPERAをつかったサイトの閲覧、ニュース等の配信など)。

今後これからそうした基本機能を生かしたソフトが充実してくることだと思います。


 それから、意外にはまったのが似顔絵キャラ作成機能(似顔絵チャンネル)です。身近な人の似顔絵キャラを勝手にいくつも作って遊んでしまいました。

http://www.nintendo.co.jp/wii/



posted by SE会計士の日記 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

おすすめソフト その24 アクセス解析サービス

 ホームページを作ったら、他の人に見てもらいたいですし、何人見られたのか最初の内は、とても気になるものです。

多くは、カウンターなどを付けて、「今日は、17人みてくれた」とか「おっ!来訪者が3人ほど増えている」とか気にしていたものですが、(結局、増えている来訪数の実態は自分自身だったりして、、)

最近は、単なるカウンターではなくて、「見た時間はいつ、どのくらい」「何処のホストから見ているか」「どこのサイトからリンクしてきたか」「OS、ブラウザーは何か」まで、かなり詳しく解析できるようになっています。

ココまで来ると、来訪者は、自分のサイトのどのあたりに興味があって、今後どのようなことに注力すべきなのかを知らせてくれるフィードバック情報を提供してくれます。

準備することは、解析サービス提供サイトに登録して、指定されたタグを自分のホームページの中に貼り付けるだけです。

代表的なものは
忍者アクセス解析
http://www.ninja.co.jp/analyze/

アクセスアナライザー
http://ax.xrea.com/

その他各種CGI
http://www.yumemaboroshi.net/cate11/

posted by SE会計士の日記 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

みんなのゴルフ

 ゴルフ場の監査の仕事をしたことがあります。

ゴルフ場というのは、バブル期には、ものすごく儲かった商売で、預託金(会員権)を集めて、いい場所が有れば、いくらでも作れましたし、預託金の流通も順調で、会員権はたいした財産でした。
ところがバブルがはじけるに従い、会員権価格も下がり、預託金の返済が厳しくなりました。また、利用料も値下がり気味で、本来の経営も厳しくなっていきました。ゴルフ場の経営のためには、芝を管理するため大量の水が必要ですし、(渇水の時は大変)大量の農薬も必要です。社員教育やサービスのレベルの維持も大変です。

最近の企業倒産を見てみると数社に1社はゴルフ場経営となっています。

ただ、ゴルフ場の全部業績が悪いわけではありません。きちんとしたサービス、従業員教育、経営合理化を進めて、とても良い経営をしているところも有ります。ゴルフ人口は、今でも結構ありますので、やり方しだいなのかもしれません。



posted by SE会計士の日記 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

還付加算金に注意

 所得税の確定申告を行うと、納税だけではなく、還付金を受け取れることがあります。税務署のほうから「所得税の還付金がありますよ」と親切に教えてくれるわけではないので、自ら申告しなければ受け取ることができません。

ところで、この還付金、納税者の方から「所得税の還付金は収益に計上しておかなきゃいけませんよね」と聞かれることがあります。しかし、これは間違いです。

還付金はあくまで納めすぎた税金の返金なので個人の収益でも費用でもありません(どちらかというと(国に対する預け金)債権の回収です)※※。

ただし、注意しておかなきゃいけないのは、還付金には利息(還付加算金)が上乗せになって返金されることがあります。この還付加算金部分は、お金を税務署に預けてたことに対する利息の性格を持っていますので、収益に計上しておかなきゃいけません(原則は雑所得として計上)。

※還付加算金はある程度の額の還付金でないと付加されません。

※この話は所得税の世界の話です。消費税や法人税等の還付金では、収益に計上する経理処理がありえます。

posted by SE会計士の日記 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

ひとりごと

 以前、ある研修会に参加したとき、心理学を基礎とした、人間関係を良好に築くための方法を教えてもらいました。営業や職場での人間関係、日常生活において大変役立つノウハウだそうです。

詳細は長くなるので省きますが、次のようなものだったと思います。
人間のタイプを次の2つの軸で振り分けます。
1、行動が積極的(行動型)か消極的(思考型)か
2、対人関係において開放的か閉鎖的か

A行動が積極的で対人関係が開放的な人
超楽天家タイプで典型的な人物としてはジャイアンツの長島元監督が例に挙げられていました。

B行動が積極的で対人関係が閉鎖的な人
企業経営者に多いタイプで、典型的な人物としては独裁者(ヒトラー)が例に挙がってました。

C行動が消極的で対人関係が開放的な人
人間関係を大切にする好人物タイプで、典型的な人物?としては、人のよいおばちゃん。

D行動が消極的で対人関係が閉鎖的な人
学者タイプで典型的な人物としてアインシュタインが上げられていました。

この分類わけにより、普段の行動パターン、追い詰められたときの行動パターンや、意思決定のプロセスなどが詳細に説明されたのですが、、、、

ちなみに私自身は自己分析の結果ややDタイプというところでした。

ところで、経験的に気がついたのですが、Dタイプの人に会うと、必ず「ひとりごと」が多いのです。
一緒に仕事をしてても「うん、そやそや!」とか「・・・ということで、、、」とか一人でぶつくさしゃべっています。

先日も、たまたま、同タイプの人と半日ぐらい、同じところで仕事(仕事は別のこと)をしてたのですが、お互いに「うんうん!」「そやそや!」「・・ということは、どうゆうことや〜?」としゃべりまくってってました。
(外から聞いていた人は、絶対二人で会話してると思ってたかも)
posted by SE会計士の日記 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

日本食はダイエット食なのか?

 日本食は、海外ではとても評判が良いそうです。
特に、ダイエット食として、喜ばれていて、たくさんお店があります。
そのせいか、いい加減な日本食を出さないように、日本食認定制度をつくるとかつくらないとか、、、
http://www.foodrink.co.jp/backnumber/200612/061229.php

ところで、日本食はほんとにダイエット食なんでしょうか。
私も和食好きで日々食べてますが、そんなに効果があるとは思えませんし、、、

 ただ、アメリカで出される食事を見ていると、ものすごい量がフツーにでてきます。付き合わせのジャガイモだけでもうお腹いっぱい。。ドリンクもバケツのような入れ物で出てきますし。。

どうも、日本食がダイエット食というわけではなくて、アメリカ食の量が多すぎるんじゃないかと、思われて仕方ありません。

(写真は、ハワイに行ったときに出たオムレツセット)
posted by SE会計士の日記 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。