2007年04月30日

GW(ゴールデンウィーク)のビジネス街

 GW(ゴールデンウィーク)に突入しました。
旅行に行ったり、家族サービスに努めたり、家でゆっくりしたりとみなさま楽しくすごされていることと思います。

私自身は、あまり、GWをゆっくり過ごしたということがありません。

3月決算の法人の仕事があったり、会計、税務などいろんな仕事のピークに差し掛かるからです。
また、業務が休みということでシステム開発の仕事もここにもってくることが多いですし、新入社員の面接試験などもこのころやっていた気がします。

そのためGWの時期は、行楽地よりもひっそりとしたビジネス街で仕事しているイメージの方がなぜか強いのです。(実は、昨日も神戸方面のビジネス街で仕事してました)

この時期のビジネス街はほんとにひっそりしていて、ものすごく仕事に集中できます(怠け者の節句働き?)。静かですし、電話もかかってきませんし、、、

ただ、そこにたどり着くまでに電車の中で、家族づれの行楽客ラッシュにもまれてきます。また、食べるところにも困ります。ビジネス街には、人がいないので食べるところも大半が閉めてしまっています。(最悪コンビニ弁当ということに、、、)

こんな状態ですので、GWの中の、この日とこの日は、完全に休める日があると、その日が何故か、とってもうれしく感じたりします。
posted by SE会計士の日記 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

執筆者さがし

 先日から、某機関紙の紙上で、小論文をかいてくれる執筆者を探しています。ほかに随筆や××サロンなどの比較的気楽なコラムなら、割と執筆者を探すのは簡単なのですが、論文となると、なかなか気安く書いてくれる人が見つかりません。

「・・・・ということで、ぜひ先生に書いていただけないかと?」とお願いしますと
「いやー、適当なネタがないもんで!」

とか

「私など、まだまだ、、、遠慮しときます」
と完全にウィッキーさん状態です。

「たまに、私はかけないけれど、○○さんに聞いてあげる!」といってくださる親切な方もあるのですが、結局「ことわられちゃった!」ということで、結構困ってます。

みんな、どうやって論文の執筆者見つけてくるんだろう???

posted by SE会計士の日記 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

お札で作る折り紙(ターバン野口)

 先日、奥さんが、「”お札で作る折り紙”ってしってる?」と聞くので、、

私 「知ってるよ!福沢諭吉の目のとこで、たて折して、下からのぞくと、福沢諭吉が笑ったり、怒ったりするやつやろ、、、学生のときに先輩に教えてもらったわ、、、」
(参考)
http://homepage2.nifty.com/nato-chan/photo2.gif

奥さん「ちゃうちゃう、最近は、もっと進化してんねん!ターバンを巻いた野口英世とか、樋口一葉家政婦は見たバージョンとか、、、いっぱいあんねんで!」と、、、

http://tuerbannoguti.blog74.fc2.com/blog-category-1.html
http://www.yamakei.co.jp/dsn/origami/
http://www.ne.jp/asahi/fickle/flickers/noguchi/menu.htm
http://www.youtube.com/watch?v=gj9rIZaBvrk


本を見ながら、みようみまねでターバン野口にチャレンジしてみましたが、なんとか出来上がりました。(写真参照 指示通りに丁寧に折っていくのがコツ)2,3回やると、参考書なしで折れるようになります。

ちなみに、ターバン野口をお財布に入れておくと、幸運のお守りになるそうです。

※なお、ターバン野口=堀内孝雄説もネットで流れていましたが、口髭の形が微妙に違うそうで、、デマ情報であることが判明しております。。。
posted by SE会計士の日記 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

成績不良と背信行為

 部下を罰することがあります。
始末書、注意勧告、昇給の見送り、減俸、降格、辞職勧告、懲戒免職など

ただし、その要因には2つが考えられます。
一つは、「まじめに頑張っているのに成果がでない」ケースです。
このケースは、本人の問題だけでなく、上司の問題かもしれませんし、環境の変化、見込み違い、本人の適性の問題かもしれません。ですので、「成果を出している社員とは差をつけるべきかもしれませんが、基本的には、会社とその社員がともによくなる方向で考えていきます。」

もうひとつの罰を与える要因としては
「背信行為」があります。「うその報告をする。報告すべきことをしない。情報漏えい。私腹を肥やす行為など、、、」
このケースは、基本的には厳しい罰で臨みます。」ここのケジメをしっかりしないと、他の社員に示しがつきません。
そして、再発の防止策までキチンとつめておくべきでしょう。

成績不良と背信行為もともにマイナス評価ということでは同じですが、その重みは全然違います。
posted by SE会計士の日記 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

携帯電話の買い替え

 今の携帯電話を買ったのが約2年前なので、そろそろ買換える時期が近づいてきました。

 人によっては、えらく旧式の携帯電話(コードレスホンの子機と間違うような)のを長く使っている人もいるし、モデルチェンジがあるたびに買い替えている人もおられます。

一般的には、ランニングコストに機器代が含まれているらしく、たびたび買い換えるのも、長く使い続けるのもあまりお得ではないらしいです。(2年に一回程度の買い替えが一番お得だとか、、、)

ただ、2年も経つと機器の機能が著しく向上しています。
最初に買った時は、電話するだけ、次にメールiモードがつきました。その次は、iアプリとカメラ、さらにTV電話、お財布携帯機能が付き、今では、使い切れないぐらい、様々の付加機能がついています。(つかっていない機能もたくさんあります。)

今度買うのは、どれにしようかと思っているのですが、今回については決め手がありません。ワンセグ携帯といっても、しょっちゅうTVを見ないと困るほどではありませんし、(パソコンワンセグで十分)、、、音楽を聞きまくるほどでもありません。写真の画質も今ので十分です。

まあ、今回の機種選択のポイントは、機能よりも、デザインが中心となる気がしています。

posted by SE会計士の日記 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

慎重派

税理士をしていると、同業者のいろんな人に出会います。
口八丁手八丁の大変有能な先生や、大学教授のような先生、えらく腰の低い先生やとても税理士に見えないおしゃれな先生など色々です。

一般的な税理士像は、「マルサの女」に出てきた、税理士さん(小沢栄太郎氏)のイメージらしいのですが、現実は、かなりバラエティーに富んでいます。

そうした中で、仕事に対するスタンスもかなり幅があります。明らかな脱法行為をやる人は、いませんが、「ここまでやって本当に大丈夫か?」とおもわれることでも簡単にOKされる先生もおられます。(実際、後日問題になるケースも少なくありません)。

逆に、「こんなことは、まず問題にならないだろう」と思っていたことでも、「ほんとに大丈夫だろうか??」とやたらに心配される先生もおられます。
そうした先生は、本を調べまくり、税務署、国税局に問合せ、専門家や仲間の税理士に聞きまくられているようで。。。※

確かに、どこかの先生の事務所に勤めているなら別ですが、自分で一人の専門家として判断を下すときは孤独なものです。正しい判断を下せるだけの情報をできる限り集めることは、仕事をする上で当然必要なことだと思います。しかし、瑣末なことまで、必要以上の時間をかけて、対応していたら限られた時間内で結論を出さねばならない実務の世界では対応しきれません。(クライアントが短気な経営者だとちょっと厳しいかも、、、)

企業経営者の方も、税理士先生とお付き合いするときには、その能力もさることながら、性格的に合うかどうかというのが選択の大切なポイントだとおもいますよ。

※こうした先生は、よく、パーティーや飲み会などでも、税務の相談ごとばかり話しておられます。確かに税の専門家ですから、こうした話題も面白いのですが、毎回毎回だと、「ちょっと違う話もしたいんだけどなあ」と思ってしまいます。
posted by SE会計士の日記 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

小分けの法則

 先日、あるレストランに入ってメニューをみていたら、どのコースも、ものすごい数の料理が書いてあって、その割りにお値段がお安く設定されていました。

 「こんなに沢山料理が出てくるんですか?」と聞きますと。
 「当店では、料理はすべてハーフサイズになっておりまして、いろんなメニューをお楽しみいただけるようにしております。」とのことでした。

これは、これで結構楽しめましたし、お店もとても繁盛しているようでした。

よくかんがえると、ハーフサイズで計算するとお値段はちょっと高めの設定です。

昔、ある経営コンサルタントの先生に「小分けの法則」というものを教わりました。大きなサイズで提供するよりも、小分けにした方が商品の値段を高く設定することが出来ます。
 (「ひとくちサイズ」でパックした商品などはコレですね。)


 商品の値上げを検討するときに、知っておくと便利な知識です。

posted by SE会計士の日記 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

選挙は楽しい?

 先日、田舎のすし屋さんに行きました。
そこは、おいしいネタを安く提供してくれるお気に入りの店でいつも混雑しているのですが、そのときはガラガラでした。

「えらく、空いてますね?」とお聞きしますと
「選挙やから、ずっとこんなん、、、」とか

選挙というと、飲み食い(飲食店)がはやるかと思うのですが、最近では、少し毛色が違うようです。選挙活動が、単純に飲み食いさせる形から、多少変化している様子です。

ただ、田舎の選挙はそれなりに面白くて、自称事情通がいうには「○○さんが今回は危ない」「××さんは、つよいけど今回は準備不測やから足元をすくわれるかも、、、」とか、、、

わくわくして、選挙事務所を回っている人もいるとか、、、

変なTVを見るよりも、面白いのかもしれません。。。

posted by SE会計士の日記 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

狼男

 月というのは、地球にとって太陽の次に影響のある星です。
潮の満ち干きも、月の重力の影響ですし、体調バランスにも多きな影響があります。

このイメージが膨らんだのでしょうか、月を見ると獣に変身してしまう狼男伝説というのがあります。主に西洋の伝説で何度も映画、小説の題材になっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%BC%E7%94%B7
(英語にもルナティックっていう単語がありましたね。)

 手塚先生の漫画にもバンパイアというのがあって、水谷豊主演でTV放送もされています。(アニメ+実写という実験的な番組でした、、)
http://www.mni.ne.jp/~datehachi/fonosheet/vampire.htm

ほかに印象に残っているものとして、怪物君にでてくる狼男があります。月に対する反応がとても過敏で、月を見たときだけでなく、「月見うどん」を見ただけで狼男に変身してしまいました。
(過剰反応)

posted by SE会計士の日記 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

イカロスの墜落

 先日、ベルギー王立美術館展に行ってきて、ブリューゲル(かも?)の「イカロスの墜落」を見てきました。

http://event.yomiuri.co.jp/royal/

http://event.yomiuri.co.jp/royal/win/01.htm

この作品は、今回のベルギー王立美術館展の目玉の作品ですが、一番最初のところに展示されています。。。(割と小さな絵です)


イカロスは、父親に「この羽は、ロウでつくってあるから、太陽に近づきすぎると融けてしまうから、注意しろ」といわれていたにもかかわらず、調子に乗って太陽に近づきすぎて、空から転落しまいます(ギリシャ・ローマ神話)。。

ブリューゲルの絵には、海辺の海岸で、ノンビリ仕事にいそしんでいる農民たちの絵の片隅に、海に墜落したイカロスの足だけが小さく描かれています。

「調子に乗ってはいけない」という意味と、「人が死んでも日常生活は、なにごともなく続いていくものだ」という意味があるらしいのですが、、、

面白い絵です。

ブリューゲルの作品には、大勢の人物が描かれている作品が多くあります。それらを、細かく見ていると「こんなところで、こんなことしている人がいる」「こんなところにこんなものが描いてある」という面白い発見があります。(昔はやった、「ウォーリーを探せ」という本のよう)
http://www.d1.dion.ne.jp/~kawaiys/sub25.htm
posted by SE会計士の日記 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

熱くなる音ゲー

 TVゲームの分野の一つに音楽をつかったゲーム
(通称音ゲー)があります。

DDR(ダンスダンスレボリューション)から始まり、今ではゲームソフトの一群をなしています。

私が最初にやった本格音ゲーもDDRでして、専用コントローラー(シート)を購入してやってました。

最初は、スローテンポ
オリビアニュートンジョンのHave you never been Mellowからはじめましたが、運動不足のからだではなかなかついていけません。
前 左 前 左 といった単純なステップなんですけど、、、

http://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F526%2F444526%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv20206

この音ゲーの特徴は、やった人はお分かりのように、リズムとゲーム性で、段々ヒートアップしてくることで、どんどんやり続けてしまいます。

1時間もやっていると汗ダクダクになってしまいます。
(体重が増えた、今やったらアキレス腱を切ってしまうかもしれません。)

その後、太鼓の達人シリーズもタタコン手に入れてやりましたが、このときもやりすぎて手に血豆ができてしまいました。

今は、いろんな音ゲーがあって、ドラム、ギターなど多種多様です。


posted by SE会計士の日記 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

素人商法

 たまに、本業が別にある人が、「お店でもやってみたいなあ!」といって、飲食店を始めたりすることがあります。

本人が、好きでやっているので、口を出すつもりはないのですが、やはり飲食業一筋でやってこられたプロの方と、でもしかオーナーとでは、店作りに対する取り組み方は大分違います。

 お店のコンセプトを重視するところは、プロもアマチュアも同じです。そのため場所、こだわりの食材、調度品などは、かなりお金をつぎ込まれます。
ところが、無駄の排除、合理化、始末、原価計算といった守備的な面がかなり違います。

 プロは食材のロス、無駄な人件費、水道光熱費にいたるまで、徹底した合理化を図ります。スタッフの教育も抜かりがありません。
ところが、アマチュアの場合は、こうした部分がかなり甘いような気がします。また、お店がうまく行かないとき、プロは、スパッと撤退を決断して、辞めれますが、アマチュアはズルズルと続けて損失を広げてしまいます。

(たまに趣味が高じて、飲食店についてあれこれ批評される方がいますが、、、本当の経営のポイントは全然違うこところにあったりします。)

posted by SE会計士の日記 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

情報ハコモノ

 先日、インターネットをつかった教育(e-ラーニング)が面白いという話をしましたが、それに関して、、、

地方自治体が運営している情報ハコモノがあります。
たいてい、沢山のパソコンとインターネット環境を完備して、「わが県は、将来の高度情報化社会に対応するために、こんな立派なものを県民のためにつくりましたよ、、、」ということを訴えています。何百億も予算をかけて、さらに多額のランニングコストをかけています。(利用者が少ないと「もっと利用しましょう」とTVCMまでやってたりします。)

たしかに情報化社会に対応することが大切ですが、、、
パソコンなどは高性能化するため、どんどん陳腐化していきますし。大抵の家にはすでに高性能のパソコンとネット環境が用意されています。こんなハコモノにお金をつぎ込んでも、どこまで住民の豊かな生活にどこまで貢献するか疑問があります。

むしろ、すでにある各家庭の情報設備をいかしつつ、優良なコンテンツを製作、管理、配信し、住民の公益に役立つものを提供してくれれば良いのにと思ってしまいます。
(また、行政の効率化を図ること、国家レベルや民間ベースでできない大切なこと、に使っていただいても結構、、、)

posted by SE会計士の日記 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

おすすめソフト その25 e-ラーニング

 教育、人間投資というのは、すべての知的生産活動の基礎となります。

昔は、それを得るためには、多額のお金と手間が掛かりました(学校に行く、留学をする、研修をする、テキストを買うなどなど)。

ところが、最近は、インターネットを活用した教育コンテンツがかなり充実しています。私見ですが、中途半端な教育機関で教えられるより、良質で充実しているような気がしてます。

(WIDE University, School of Internet)
http://www.soi.wide.ad.jp/contents.html

(慶応大学 SFC)
http://gc.sfc.keio.ac.jp/


(サイバー大学 有料)
http://www.cyber-u.ac.jp/index.html

(MIT)
http://ocw.mit.edu/index.html

(スタンフォード i-Tune U)
http://itunes.stanford.edu/

(東大学術俯瞰)
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/podcasts/index.html

(近畿税理士会ビデオライブラリー 要パスワード)
http://www.kinzei.or.jp/video/

(日本公認会計士協会 CPE e-ラーニングシステム 要パスワード)
http://cpe.jicpa.or.jp/e_learning/login/login.php


私自身、インターネットの有効な活用手段として教育というものを、もっとも注目しています。
posted by SE会計士の日記 at 08:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

保険税制の見直しの動き

 最近、保険関係の仕事をされている方が、ばたばたされています。

 今、新聞をにぎわしている、「保険金未払問題」も、ひとつなのですが、そのあとに「保険税制の改正があるかもしれない」ということで。

実は、現段階で行政側から、具体的に発表されているものは、なにもありません。ただ、そうした事前の動きがあるようで、それを受けての行動のようです。

たしかに、保険商品の中には、極端な節税効果を売りにするものもあったので、過去に、何度か規制が掛かったことがありました。今回もそうした改正がなされるかもしれません。。。
posted by SE会計士の日記 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

挽きたての珈琲

 先日、旅行関係の仕事をやられている方から、珈琲豆をもらいました。
アフリカのキリマンジャロにいかれたみたいで、地元の(お土屋さんじゃない)珈琲業者から購入されたみたいです。

とりあえず、ローストした豆の状態で頂いたので、挽いてやらないといけません。知人の喫茶店をやられている方から、電動豆挽き器(ミル)をお借りして、ブィーンと珈琲一杯分の豆を引いて、珈琲を入れてみました。

お湯をかけると、ふぁん!と珈琲の良い香りがして、とてもおいしくいただけました。

喫茶店の方は、「豆のローストがチョット荒いような気がするけど、地元の人が飲む珈琲は、こんなものかもしれない(良い商品は、大きな工場へ出荷されるのでしょう)」と言ってらっしゃいました。

最近のキチンと品質管理された珈琲も確かにおいしいですけど、目の前で挽いた、挽きたて珈琲も結構いけますよ。


posted by SE会計士の日記 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

結婚とファッションの変化

 結婚する前は、服装には無頓着な方でした。
とりあえず「穴が空いてなきゃいいや!」と思ってたぐらいで、同じ服を何日も着てたり、タンスの中の一番手前の服ばかり着てたりということが当たり前でした。

トーゼン、服を買ったりするのも年に一度あるかないか、、、

職場でも、そうした状況が回りに認知されており、誰からも何も言われませんでした(後で聞くと、言っちゃいけないと思われてたようで、、、)。

ところが、結婚して新居に移るときに、奥さんに厳しく選別されました。

まず、事前に新居に送っておいた衣装箱を前にして奥さんが「まず、この中で絶対とっておきたいものを、選んで!」といわれました。

 とりあえず、数着選び出すと、残りをガッサリ、ゴミ袋に入れて捨てられてしまいました。選んだ数着も衣装箱の底の底の方にしまわれたようで結婚以来見たことがありません。

 結婚翌日、奥さんの用意した服で、はじめて会社に出勤すると、、、
会社の同僚があまりの激変ぶりに

同僚一同「ど、ど、どうしたんですか?」と


 世の中には、結婚すると服装が激変するタイプの人というのは、他にもいるようで新世紀エヴァンゲリオンの庵野監督も奥さんの安野モヨコさんと結婚した前後でずいぶん変わったそうです。

(庵野秀明公式サイト)
http://www.gainax.co.jp/hills/anno/
(新世紀エヴァンゲリオン)
http://douga119-anime.seesaa.net/article/33826623.html
http://eva.yahoo.co.jp/index.html

(安野モヨコオフィシャルサイト)
http://www.annomoyoco.com/

posted by SE会計士の日記 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

合理化≠ケチケチ運動、時間の無駄

 営業倉庫などに行くと、よく、B級品(返品された品、古い廃番商品等)置き場に商品が山積みになってることが良くあります。

私「こんな商品、出荷されることがあるんですか?」と現場担当者に言いますと、
担当「ほとんど、出ることはありませんねえ・・・」と

私「じゃあ、何故、置いてるんですか?」と聞きますと

担当「たまに、部品で使えるものがあったり、組み合わせて格安品として出荷できたりするもので、、、」

「そうなんだ」と思って本社でB級品置き場の家賃を調べると、年間数百万円かかっていたりします。在庫管理する人の人件費や管理費(時間)も含めると、エラクコストが掛かっていて、、「処分料を払ってでも、早めに処分しておいた方が絶対お得かも」と思えることがよくあります(税金も助かりますし)。

とはいえ、そうしたものを処分することには、抵抗があります。
若手の頃、地方子会社の方に直接「処分した方がいいですよ!」と話しますと「もしかしたら、売れるかもしれないのに、、、そんなことして、損したら、アンタが責任とってくれるんか!」とカラマレタことも。。。

「合理化推進」というキャンペーンを張ると必ずケチケチ運動をはじめる方がいます。(特に、具体的方法や十分な検討なしに、漠然とこうしたキャンペーンを張るとテキメン)
たとえば、コピー用紙の裏にコピーをしたりとか。

今は、どうかわかりませんが、裏紙にコピーをとったりすると、機械内にトナーが残ってコピー機の寿命を縮めてかえって損になると聞いたこともあります。また今は情報保護の観点からも問題があります、、、

また、目に見える部分が一見合理化されてるような場合でも、時間コスト(人件費)が増えてかえって損になるケースもよくあります。

 合理的経営というものをケチケチ運動と誤解されないようにし、時間の無駄にならないように、正しくリードする能力が管理者には必要です。

posted by SE会計士の日記 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

今年の電子申告と今後の税務行政

 いぜんから、このブログで国税当局が電子申告推進に、ものすごく力を入れていて、、、という話を何回かしてきました。実際に、ブログ読者の方に電子申告をやられた方がいるかもしれませんが、いかがだったでしょうか。

「思ったより簡単」「大苦戦」いろんな方がおられたことと思います。

ところで、今年の確定申告後に電子申告に関する統計データがいろいろと集計されてきています。

何年か計画があるのですが、とりあえず、国税当局の今年の目標はクリアーしたようで、(他の行政申請手続きは未達続出)、ホッとされていると聞いています。
http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/kensu.html

ところで、今年の電子申告普及で面白いことがおきました。
電子申告の利用件数のうち、8割程度が税理士が関与している納税者だとおもわれます。ところがそのうち80%以上(利用者全体の3分の2以上)が特定のシステム会社の利用者(税理士)の関与先であると推測されています。

そのシステム会社の利用者グループ(税理士)が積極的に取り組んだようで、一私企業の利用者グループが国税当局の中心施策にこれだけ影響力を与えたことは、驚くべきことです。

この事実を受けて、今後の税務行政がどうなるか判りませんが、注目すべき内容だと思われます。

posted by SE会計士の日記 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計・税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

イチローと松坂

 大リーグで、イチローと松坂選手の対戦がみられるようで、何年かぶりの対戦です。

たしか、松坂がプロに入ってきたとき、マスコミが
「まずは、イチローと対戦したい、、、と言っている」と書きたてて

それを見た、イチロー選手が「まずは、イチローだと?”まずは”とはなんだ、”まずは”とは!!」とカマシを入れたことを覚えています。
(そのとき、松坂いわく、「私、そんなこと、言ってません、言ってません・・・」)

両選手は、今後も数多く対戦することになるでしょうが、、、まずは、初対決です。

両選手をはじめ、今後の、優秀な日本人選手の活躍を期待します。


posted by SE会計士の日記 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。