2007年06月09日

猫を飼うということ

 結婚してからペットを飼ったことはないのですが、高校生大学生のころは、ずっと実家で猫を飼っていました。

子猫のころ、ちかくの幼稚園に紛れ込んできた猫を引き取ることになって、飼い始めたのですが、「ペットを飼う」ということが、どうゆうことかを知る、よい勉強になりました。

猫を飼った印象は、

1、身勝手
 猫は、犬と違ってとっても身勝手です。
自分がさみしいときなどは、うるさいぐらい「ぐろっろろろ・・がろっろろろ・・」と喉を鳴らしながら足元にグイグイ擦り寄ってくるのですが、機嫌が悪いときには、こっちが「おーい」と読んでも「ぷぃ!」っと無視してどこかにいってしまいます。
 (もっとも、この猫の性格は、嫌いじゃないです)

2、猫のいる場所が居心地の良い場所
 猫は居心地の良い場所を良く知っています。暑い日は北側の涼しい場所。
寒い日は、南側のカーテンと窓の間、寝るときは人の布団の中にもぐりこんできます。
 (寝てるとき悪夢を見てうーんうーんとうなされてて、ふと目が覚めると猫が胸の上に座っていたりします。)

3、よく吐く
  うちの猫はよく吐きました。
 変なものを餌にあげているわけではないのですが、、、、
 猫が餌を食べて数時間後「ぐぉっ!ぐぉっ!」となにかおかしい様子がみえたかと思うと、口からグァバーと胃の内容物を吐き散らかしてくれます。
 特に猫の餌は、魚っぽいものが多いので、生臭いことおびただしい。
一緒に寝ているときに、布団と顔に吐きかけられたことも何度かありました。

 猫を飼うと、怪我したり、病気になったり、年を取ったり、死んだりすることもありますし、やはり、いろいろ大変です。ペットは、かわいいし、癒されることもありますが、良いことばかりじゃありません(毛も飛びますし、家も傷みます)。

くれぐれもペットを飼う人は責任もって世話をしましょう!!




posted by SE会計士の日記 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。