2007年06月08日

コムスン事件の背景

 グッドウイルグループの介護最大手コムスンの事実上の業務停止が発表され、経営者の対応について、6万人もの利用者の今後、問題になっています。

確かに、不正請求があったこと、それに対する企業の処罰回避行為などは、法的問題は別として、社会的には許されることではないでしょう。

ただ、気になっているのは、コムスンをはじめとする介護ビジネス(、さらに医療も含む老人ケアビジネス)が、このような状態に陥っている原因です。

もともとコムスンのような介護ビジネスが出てきたころは、介護保険制度というものが作られ、今後の老齢化社会を考えるととても有望なビジネスと思われていました。また、企業環境も追い風で、行政のフォローもあり、報酬点数も、十分なうまみがあったため、「仕事はきついけれども、頑張れば儲かる仕事」というイメージがありました。場合によっては大きな借金をして設備、運転資金等を整えた事業者も少なくありません。


ところが、実際には、介護保険制度というものも、赤字財政が累積しており、報酬点数を下げ、介護ビジネスに入ってくる資金を減らされる状況になってきました。(結果的に「もうかりますよ、みなさん。政府も応援してます。介護の仕事を始めましょうね!」と誘導してから、はしごを外した形。利用者にとっても使える制度から、どんどんと使えない制度に、、、)

そう考えると、コムスンを擁護する気は全くないですが、その状況を作り出した、厚生労働行政も、かなり問題あり。(人災?)

年金もそうですが、介護、医療など、老人福祉をめぐる環境を大きく軌道修正していかないと、第二第三のコムスン事件が発生することになるでしょう。


(※コムスンもリストラを強引に進めたあたりから雲行きがおかしくなっているようです。)
posted by SE会計士の日記 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 02:58