2007年06月22日

「らにーにゃ」と「えるにーにょ」

 ラニーニャというのがあって、今年の夏は猛暑になりそうだとのこと、、、
エルニーニョというのは、何度か聞きましたが、「らにーにゃ」て何でしょう?

調べてみると
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/keywords/070423.html

ラニーニャとは、ペルー沖の水温が低いままになること
このとき、強い東風が吹いて、深海から冷水がわきあがり、さらに東風が強くなり、、、というプロセスで大きくなり、世界に異常気象を生じるとのことです。
ちなみにエルニーニョとはその逆の現象で、ペルー沖の水温が高いままになることをいいます。
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

どちらもペルーの公用語である、スペイン語でエルニーニョがクリスマスのころに発生することが多いので、「神の子」「男の子」、ラニーニャは、「女の子」の意味です。

※気象用語といった、普段なじみのない用語を見てみると、ドイツ語やらスペイン語、英語、ロシア語、ラテン語、古い日本語が入り混じっていて、、、結構面白い用語がいっぱいありますよ。
http://www2f.biglobe.ne.jp/~ryu/weather/term.htm
posted by SE会計士の日記 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 10:24