2007年06月24日

食べ物に敬語を使う、関西人

 関西の人(とくにおばちゃん)は、森羅万象あらゆることに敬語をつかいます。代表的な使用例は次のとおり
1、あめちゃん
 飴のことです。かならず、かばんの中に持っていて気に入った人にあげています。

2、おかいさん
岡井さんのことじゃありません。御粥のことです。
おなかの調子が悪いときや風邪ひいたときなど必ずこの「おかいさん」か「おうどん」を食べさせられます。

3、お稲荷さん
 いなり寿司のことです。私は、これが結構好きなんですが、かわいい名称のわりに、結構ハイカロリーな重量感のある食べ物です。
http://tepu.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_50c1.html
(それから、神社もお稲荷さんと言います。同音異義語)

4、その他
お芋さん、お豆さん、お肉などいろいろ
お布団、おトイレ、など利用範囲は∞
posted by SE会計士の日記 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 02:06