2007年06月26日

後期高齢者医療制度

 6月は住民税の通知のある時期ですが、大きく増額になっていることに、驚かれている方も多いと思います。
税源移譲と定率減税のカットが影響して、負担感の重さは、相当に高いものがあります。
http://onokaikei.noblog.net/blog/2007/03/10/

特に高齢者や年金生活者の方は、前年の老年者控除、年金税制の変更に引き続きなので、同世代に対してキツイ方向で、舵が切られていることを実感されていることと思います。

「これで、われわれの世代の負担増は、落ち着くのか?」と考えられている方も多いかもしれませんが、実はもう一段用意されているキツイ政策があります。
それは、平成20年4月から始まる「後期高齢者医療制度」というものです。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/3203/definition/

いままで、国保に加入していたり、家族の扶養に入っていた75歳以上の(後期)高齢者を県レベルの広域団体(後期高齢者医療広域連合)に集めて、保険料を年金等から天引き(または現金納付)してもらって、運営管理していく政策です。
 保健医療の受診に上限制限を設けたり、コストコントロールを可能にする目的で、着々と準備がすすんでいます。ただ、この変化は、一部の人を除いて、あまり認知されていません。(今は、年金問題、介護の問題の方がニュースバリューがある?)
 来年の春になって「後期高齢者医療制度」の厳しさに気づいて、驚かれる方も少なくないと思います。。
posted by SE会計士の日記 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

食べ物に敬語を使う、関西人

 関西の人(とくにおばちゃん)は、森羅万象あらゆることに敬語をつかいます。代表的な使用例は次のとおり
1、あめちゃん
 飴のことです。かならず、かばんの中に持っていて気に入った人にあげています。

2、おかいさん
岡井さんのことじゃありません。御粥のことです。
おなかの調子が悪いときや風邪ひいたときなど必ずこの「おかいさん」か「おうどん」を食べさせられます。

3、お稲荷さん
 いなり寿司のことです。私は、これが結構好きなんですが、かわいい名称のわりに、結構ハイカロリーな重量感のある食べ物です。
http://tepu.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_50c1.html
(それから、神社もお稲荷さんと言います。同音異義語)

4、その他
お芋さん、お豆さん、お肉などいろいろ
お布団、おトイレ、など利用範囲は∞
posted by SE会計士の日記 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

はたらくおじさん

 子供の頃、NHK教育テレビに「はたらくおじさん」という番組がありました。

毎回、いろんな職業の、はたらくおじさんを取り上げて、子供向けに解説する教育番組(社会科)で、「たんちゃん」と「ぺろくん」とかいうキャラクターがいたような。。(のっぽさんとゴンタ君の「できるかな」と双璧をなしていました)
http://www.youtube.com/watch?v=IlSmTKZMaKE

最近またNHK総合のサラリーマンNEOという番組の中で復活しています。
http://www.nhk.or.jp/neo/contents/story/index.html

昔と違うのが、以前は「工場のおじさん」や「魚を取るおじさん」とかいうのだったのが「三次元カーナビを作るおじさん」とか「ヘッドフォンをつくるおじさん」とかになっています。

おじさんも大分進化しています。
posted by SE会計士の日記 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

「らにーにゃ」と「えるにーにょ」

 ラニーニャというのがあって、今年の夏は猛暑になりそうだとのこと、、、
エルニーニョというのは、何度か聞きましたが、「らにーにゃ」て何でしょう?

調べてみると
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/keywords/070423.html

ラニーニャとは、ペルー沖の水温が低いままになること
このとき、強い東風が吹いて、深海から冷水がわきあがり、さらに東風が強くなり、、、というプロセスで大きくなり、世界に異常気象を生じるとのことです。
ちなみにエルニーニョとはその逆の現象で、ペルー沖の水温が高いままになることをいいます。
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

どちらもペルーの公用語である、スペイン語でエルニーニョがクリスマスのころに発生することが多いので、「神の子」「男の子」、ラニーニャは、「女の子」の意味です。

※気象用語といった、普段なじみのない用語を見てみると、ドイツ語やらスペイン語、英語、ロシア語、ラテン語、古い日本語が入り混じっていて、、、結構面白い用語がいっぱいありますよ。
http://www2f.biglobe.ne.jp/~ryu/weather/term.htm
posted by SE会計士の日記 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

役所の電話相談は民間に

 年金相談のコールセンターがパンク状態だそうで、社会保険庁では、増強を図るとのこと。

そのコールセンターですが、社会保険庁だけでは対応できないので、トランスコスモスなどコールセンターのアウトソーシング会社に委託しているそうです。
その人員の募集では、一部の職種は、「PCさえ使えれば、経験不問でだれでもよい」ということになっています。

http://townwork.net/h/r/Fh30010s.jsp?lac=01%jmc=00302%rid=04189511%axc=03

このあたりの相談体制の是非は、ともかく、この、行政の相談業務のアウトソーシング化は、ありとあらゆる分野で、急速に進んでいます。

http://www.kisei-kaikaku.go.jp/market/index.html

ひょっとすると、将来、あなたの住んでる近くの役場に、電話問い合わせしても、出てくる人は、沖縄とか、海外とかのコールセンターの方なのかもしれませんよ。


posted by SE会計士の日記 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

時計

 時計というアイテムがあります。
ロレックス、フランク・ミュラー、カルティエなどの高級腕時計から、100円均一で売っている時計まで、いろんな種類があるのですが、人によって対応は様々です。

 ある人などは、「安い時計をしていたら、他人から軽く見られてしまう。だから、私は、時計と靴は、常に一流のものを使うようにしています!」とおっしゃられて、驚くほど高い時計をはめていらっしゃいます(Tシャツにフェラガモ、ロレックス)。

 そうかと思うと、別の人は、「時計はやっぱり正確なのが一番。通販で買ったこの電波腕時計はいいぞー!値段もそんなに高くないし。」とおっしゃられています(分割金利手数料もすべて「ジャパネットたかた」が負担してくれます)。

どちらも一理あり。。。


ちなみに、私は、普段、腕時計をしない派で、外出時の時計、めざまし時計はもっぱら携帯電話の時計に頼っています。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/0305/13/n_kowaza.html


※ところで、パソコンにも時計が内蔵されています。
多くは、正確な時間より少し前後したアバウトな時間になっていることが多いのですが、あまり問題になることはないようです。
ただし、時々、とんでもない日時に設定されているパソコンもあります。「いろいろ、不便だろうなあ」と感じてしまいますが、使っている本人はあまり意識されてません。

 このパソコンの時間のずれを、特定のサーバーを呼び出すことで、自動調整してくれるソフトもあります(桜時計などが有名)。
http://www.venus.dti.ne.jp/~uno/index.html
http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se050672.html

posted by SE会計士の日記 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

稗田阿礼(ひえだのあれい)

 日本最古の古典、神話、歴史書といえば、「古事記」が有名です。

これは、中国の「史記(司馬遷 作)」のように、誰かが書いたというものではありません。


「古事記」は、古くから言い伝えられてきた話の集大成であり、もともとは、口伝(くでん)によって、伝えられていったものです。

このスタイルで、受け継いでいた人が、稗田阿礼(ひえだのあれい)という人です。(そして、その言い伝えを稗田阿礼から聞いて、書物に書きしるした人が太安万侶(おおのやすまろ)です。)

稗田阿礼は、ものすごく記憶力の良い人だったらしく、一度聞いたことは決して忘れなかったそうです。また、稗田阿礼は、女性である説と男性であるという説がありますが、どちらにしてもコンピュータ並みのすごい能力です。

ちなみに、稗田阿礼は、大和郡山の人らしく、大和郡山市稗田町にある賣太神社(メタじんじゃ)の斎神になっています。

http://www.geocities.jp/engisiki/yamato/html/030117-01.html


posted by SE会計士の日記 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

静電気

 先日から、静電気に困っています。
とくに、車から乗り降りしたときがすごくて、、、

車から降りて、ドアを閉めるとき、\(°o°;)/ バッチン!!

玄関のドアノブを触るとき、\(°o°;)/バッチン!!

郵便物を取ろうと、ポストに触ると、\(°o°;)/バッチン!!

奥さんに、「こんな郵便物が来てたで!」と手渡すと、お互いの手に、\(°o°;)/\(°o°;)/バッチン!!

ちょっとした、ドアノブ恐怖症に。

静電気除去グッズをもって、やばそうなときは、先に金属部分にコツコツ当てて電機を逃がすようにしています。
posted by SE会計士の日記 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

バイオエタノールは地球温暖化回避の決定打なの?

 バイオエタノールガソリンが販売されました。
普通のガソリンに3%ほどのエタノールが混ぜてあるそうで、この程度の割合だと普通のガソリンエンジンに混ぜても問題ないのだそうです。将来は、この混入割合がどんどん高まっていくのでしょうか?

ところで、このバイオエタノールですが、どうして環境に良いのでしょうか。
ガソリンも石油と同様燃やせば二酸化炭素を排出するのは同様です。
ただ、バイオエタノールの場合は原料(とうもろこし、さとうきびなど)を育てる過程で二酸化炭素を吸収し酸素を作り出すので、その分が相殺されて環境に良いということだと、、、(カーボンニュートラル)

でも、この極めてシンプルな考え方がほんとうに正しいのでしょうか。

バイオエタノールの原料のとうもろこし、さとうきび。これを、砂漠・荒地を畑に変えて作るのなら、そのとおりだと思います。

ところが、現実には、森林をぶっ潰して畑にしたり、食料、飼料の一部をバイオエタノール用に転用するに過ぎません。
ところがそうなると、食料、飼料価格が高騰し、発展途上国の食料事情を決定的に悪化させたり、別の意味の環境破壊が進んだりと、あまり環境にやさしい結果になるとは思えないのですが、、、、私の理解が足りないのでしょうか?



posted by SE会計士の日記 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

西四国に地震はおきるのか?

知り合いに、地震を予知できる人がいます。
「なにか、関西方面で気になることがある」「北陸方面がとても危険な感じがする」といわれていて「そうかなあ」と思っていると、案の定そちらで大きな地震があったりします。

また、なぜか地震とかかわりのある人(雨男ならぬ地震男)もいます。たとえば、その人が旅行に行くと、しばらくしてその地方に大地震が起こったり。
わたしの身近な人にもそうした人がいて、阪神大震災の数日前に神戸をうろうろしていたそうです。また、東南アジアの大津波のときも少し前にアジア旅行をしていたとか、、、

その二人から気になることを言われました。
地震予知の人からは、「足摺岬の辺りが、少し気になる、、、」と!そして、地震男の人の今後の予定を聞くと6月に愛媛県の道後温泉に旅行に行く予定だとか、、、

6月以降、西四国では地震に要注意ですよ!!
posted by SE会計士の日記 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

GW(ゴールデンウィーク)のビジネス街

 GW(ゴールデンウィーク)に突入しました。
旅行に行ったり、家族サービスに努めたり、家でゆっくりしたりとみなさま楽しくすごされていることと思います。

私自身は、あまり、GWをゆっくり過ごしたということがありません。

3月決算の法人の仕事があったり、会計、税務などいろんな仕事のピークに差し掛かるからです。
また、業務が休みということでシステム開発の仕事もここにもってくることが多いですし、新入社員の面接試験などもこのころやっていた気がします。

そのためGWの時期は、行楽地よりもひっそりとしたビジネス街で仕事しているイメージの方がなぜか強いのです。(実は、昨日も神戸方面のビジネス街で仕事してました)

この時期のビジネス街はほんとにひっそりしていて、ものすごく仕事に集中できます(怠け者の節句働き?)。静かですし、電話もかかってきませんし、、、

ただ、そこにたどり着くまでに電車の中で、家族づれの行楽客ラッシュにもまれてきます。また、食べるところにも困ります。ビジネス街には、人がいないので食べるところも大半が閉めてしまっています。(最悪コンビニ弁当ということに、、、)

こんな状態ですので、GWの中の、この日とこの日は、完全に休める日があると、その日が何故か、とってもうれしく感じたりします。
posted by SE会計士の日記 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

執筆者さがし

 先日から、某機関紙の紙上で、小論文をかいてくれる執筆者を探しています。ほかに随筆や××サロンなどの比較的気楽なコラムなら、割と執筆者を探すのは簡単なのですが、論文となると、なかなか気安く書いてくれる人が見つかりません。

「・・・・ということで、ぜひ先生に書いていただけないかと?」とお願いしますと
「いやー、適当なネタがないもんで!」

とか

「私など、まだまだ、、、遠慮しときます」
と完全にウィッキーさん状態です。

「たまに、私はかけないけれど、○○さんに聞いてあげる!」といってくださる親切な方もあるのですが、結局「ことわられちゃった!」ということで、結構困ってます。

みんな、どうやって論文の執筆者見つけてくるんだろう???

posted by SE会計士の日記 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

選挙は楽しい?

 先日、田舎のすし屋さんに行きました。
そこは、おいしいネタを安く提供してくれるお気に入りの店でいつも混雑しているのですが、そのときはガラガラでした。

「えらく、空いてますね?」とお聞きしますと
「選挙やから、ずっとこんなん、、、」とか

選挙というと、飲み食い(飲食店)がはやるかと思うのですが、最近では、少し毛色が違うようです。選挙活動が、単純に飲み食いさせる形から、多少変化している様子です。

ただ、田舎の選挙はそれなりに面白くて、自称事情通がいうには「○○さんが今回は危ない」「××さんは、つよいけど今回は準備不測やから足元をすくわれるかも、、、」とか、、、

わくわくして、選挙事務所を回っている人もいるとか、、、

変なTVを見るよりも、面白いのかもしれません。。。

posted by SE会計士の日記 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

結婚とファッションの変化

 結婚する前は、服装には無頓着な方でした。
とりあえず「穴が空いてなきゃいいや!」と思ってたぐらいで、同じ服を何日も着てたり、タンスの中の一番手前の服ばかり着てたりということが当たり前でした。

トーゼン、服を買ったりするのも年に一度あるかないか、、、

職場でも、そうした状況が回りに認知されており、誰からも何も言われませんでした(後で聞くと、言っちゃいけないと思われてたようで、、、)。

ところが、結婚して新居に移るときに、奥さんに厳しく選別されました。

まず、事前に新居に送っておいた衣装箱を前にして奥さんが「まず、この中で絶対とっておきたいものを、選んで!」といわれました。

 とりあえず、数着選び出すと、残りをガッサリ、ゴミ袋に入れて捨てられてしまいました。選んだ数着も衣装箱の底の底の方にしまわれたようで結婚以来見たことがありません。

 結婚翌日、奥さんの用意した服で、はじめて会社に出勤すると、、、
会社の同僚があまりの激変ぶりに

同僚一同「ど、ど、どうしたんですか?」と


 世の中には、結婚すると服装が激変するタイプの人というのは、他にもいるようで新世紀エヴァンゲリオンの庵野監督も奥さんの安野モヨコさんと結婚した前後でずいぶん変わったそうです。

(庵野秀明公式サイト)
http://www.gainax.co.jp/hills/anno/
(新世紀エヴァンゲリオン)
http://douga119-anime.seesaa.net/article/33826623.html
http://eva.yahoo.co.jp/index.html

(安野モヨコオフィシャルサイト)
http://www.annomoyoco.com/

posted by SE会計士の日記 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

傘餅

 親戚の四十九日の法要があって、いろいろ準備をされていました。
その中で、「傘餅(かさもち)」というのを用意することになりました。

傘餅というのは、49個の小餅と大きな平べったい円形の御餅を、仏様にお供えするものです。

傘餅は、和菓子屋さんなどにお願いすると用意してくれるのですが、問題はそのあとです。平べったい円形の餅を切ってお遍路さんのような人形(ひとがた)にする必要があります。

ところが、その切り方が分かりません。完成形だけの情報があっても、丸い餅をどのように切るとそうなるのか、まるでパズルのようで、、、

結局、写真のような切り方でOKのようです(他にも切り方があるようです)。



posted by SE会計士の日記 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

会計士の昼ごはん

 監査法人に勤めていたとき、毎週のように、いろんな会社の往査にいっていました。
 業種の違いはあれ、監査でやることといえば、財務分析をして異常値を調べること、残高を押さえて証拠調べをすること、取り引きがルールに従って計上されているか確かめることが主で、会議室でのデスクワークがかなりのウエイトを占めていました。

朝から晩まで会議室の中で、いることも多く
そうした中では、お昼休みの食事が一つの楽しみでした。

大抵、会社のほうで、昼食をご用意いただけるのですが、いろんなパターンがありました。

1、社員食堂
 地方の大きな工場などにいくと、社員食堂で頂くことが少なくありませんでした。
工業団地などでは、近くにあまり食べるところがないため、こうなるのです。
プラスチックの食器で食べるのですが、大鍋で作る味噌汁などは結構おいしくて、割と好きな食事でした。

2、外食
 繁華街の会社では、このパターンが多かったように思います。会社の方はどこがおいしいか良くご存知で「先生、この店がおいしいんですよ」といろいろ教えてもらいました。
 一番おいしかったのは、淡路島で食べた、裏通りの小さなお店でした。出てくるのは、ごはん、赤だし、つけもの、チョットしたおかず、だけなのですが、ごはんがメチャメチャおいしくて、感動ものでした。


3、デリバリー
 一番多かったのが、お弁当や店屋物を取っていただき、会計士だけで会議室で食べるパターンでした。気を使う必要がないので、気楽といえば気楽ですが、会社の方とお話できないのはちょっと残念でした。

4、つらい食事
 基本的には、昼食は、上等でなくても、何でもいいのです(食事が良し悪しで仕事が影響を受けることはありません)。ただ、「あれっ」と思わせることもありました(たぶん会社の方のチョットした配慮の欠如だとおもうのですが)。

まず、同じメニューが何日もつづくパターンです。
たとえば、一週間、毎日、寿司が出てきたことがありました。寿司は大好きなのですが、こんなに続くと、さすがにつらい。(「会計士の人には寿司を出す」というルールでもあるのかなあ?)

あと、自分たちで適当に食べて領収書を経理部に回す、というパターンもありますが、これも会計士によって反応は様々です。「気楽で良いや」という人もいますが、「経理の方を指導する立場なのに、この領収書の精算お願いしますと言いに行くのは、何か変だね」と愚痴っている人もいました。、

posted by SE会計士の日記 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

日本語メッセージTシャツ?

 奈良や京都は観光都市なので、外国人の方もよく見かけます。
先日も近鉄電車に乗っていたら、地図を片手にフランス人ぽい、男女の方を見かけました。
「どこに行くのかなあ?」と思って見ていると、男性の方の着ているシャツに気がつきました。それは、日本語の書かれているTシャツ(最近、はやっているようですね)を着てて、その内容にビックリ

マクドナルドのピエロ(ドナルド)の絵が描かれていて、一言「日本人なら米を食え!」と赤い字で書かれていました。

 うーん、外国人が着てると、とても意味深い、、、

http://sagisou.sakura.ne.jp/~sakuchin/kazumi/05/92.html

posted by SE会計士の日記 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

朝、ウグイスが鳴いています

 朝起きて外に出てみると、隣の雑木林で鶯(ウグイス)が鳴いています。
はじめは、あまり上手に鳴いてませんでしたが、最近は声高らかに、ホーホケキョと鳴けるようになってきました。
http://www.asahi-net.or.jp/~yi2y-wd/a-uta/uta-uguisu.html

※昨日から、サクラもちらほら咲いてきました。
posted by SE会計士の日記 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

選挙の投票所の裏側

 今年は統一地方選挙や参議院議員の選挙があり、選挙運動真っ盛りです。

先日も、某金融機関の税務相談の当番の時、こられた相談者の方が、ひととおり税務相談を終わった後、

「ところで先生、どちらにお住まいですか?」
「○○市に住んでますが」
「××市にお住まいの方ご存知ありませんか?」
「××市で開業している税理士さんでしょうか?」
「いえ、××市でこんど選挙がありまして、??党の△△先生が立候補されます。とても立派な方で、××駅近くの陸橋をつくったのも△△先生で、、、、」

ちょっとびっくりしたのと、選挙が近いのだと実感したのですが、、、

ところで選挙といえば思い出すことがあります。
実は、私は選挙の投票所の運営を何度経験したことがあります。
どんな風にやるかというと、、、

 まず、投票所の設営を前日に行います。
公民館や学校の食堂などを借りて設営するのですが、まず、入っている机や椅子などを別室にどけます。記載台などを設置していきます。
そして、選挙に影響しないように、ポスターや展示物を隠します。そして、時計にはなぜか「調整中」の張り紙をしておきます。
ひととおり、場所を設営したあと、きちんと戸締りして、投票所の周辺を見回ります。(投票所の周辺にあるたて看板などが投票所敷地に掛かっていると違反なので、違反たて看板などは、敷地に掛からないように注意)。

次に遅刻しないように、近くのホテルに泊まりこみます。(「なぜか、シラフじゃ眠れないからといって、グデングデンに酔っ払うまで飲んでる人も」)

当日になると、選挙名簿の照合作業をやる人、立会人さんを含めて朝礼を行います。そのあと皆さん所定の位置について、投票所を開場し、カランカランと鐘(かね)を鳴らします。

一人目の方が入ってきたら、投票箱を開けて中が空っぽであることを確認してもらいます。その上でガチャリと施錠します。

その後は、皆さんご存知の流れで、選挙名簿と確認して記載台で記載し、立会人さんの前で投票していくのを見ているだけなのですが、この間にも作業があります。

一時間ごとに選挙名簿の照合の方に照合した数を教えてもらい、選挙本部に電話連絡します。こまかく何人と連絡するのではなく、「男100人、女100人です」と大雑把な丸め数字で連絡することになっています。

投票所は時間がきたらピッタリに閉めます。5分前になったら、道に出て「いそいでください。走ってください。もうすぐ投票所がしまりますよーーー!」といって大声で呼び込んだり。

 無事投票が終わったら、投票所を元に戻して、投票箱を開票所行きのトラックに乗せて投票所の運営は終わりになります。


 アクシデントはいろいろあります。引っ越されて選挙にこられたけれど、基準日の選挙人名簿に氏名が記載されてなくて、「前の住所で投票してください。ここでは投票することができません」といって「なんでや!」と怒られたり、、、

一番覚えているのは、選挙にこられた方が脳溢血で倒れたことがありました。
寒い冬の選挙だったので寒い戸外から暖房の効いた投票所に入って、また寒い戸外に出たためでしょうか。出口のところで、バッタリ倒れられて、グウグウイビキをかいて昏倒されていました。

 「わぁ!大変だぁ!!」ということで、電話で救急車を呼び、「脳溢血だから、うごかしちゃ駄目駄目」ということで、投票にこられた方や野次馬を交通整理して、「××の○○さんや」という方の話を聞いてご自宅に電話したり、、、

あと、投票を棄権する無関心層も困ったものですが、寝たきり老人を無理やり引っ張り出してこられる人も多くて、「確かに選挙は大切だけど、こうゆうのも、どうなんだろう?」と感じたものです。


投票所の運営は、結構単純な作業ですが、間違いが許されないし、結構気を使う仕事です。

posted by SE会計士の日記 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

花粉症対策

 花粉症に悩んでいる人がまわりに増えてきました。
特に奈良は山に囲まれた盆地のため、花粉の飛散もすごくて、花粉症の人には厳しい環境です。
私も、軽度の花粉症のため、この時期から、鼻、目のどに軽いかゆみや違和感を感じることが少なくありません。

私のとってる花粉症対策は、
1、外から帰ったら手洗いウガイ
 インフルエンザ対策もかねていますが、外から帰ったときは必ず手洗いウガイをして、花粉を洗い落とします。

2、コートを外でバタバタ
コートに花粉がつきますので、そのまま家に持ち込まず、外でバタバタ振り払って家に入ります。

3、それでも駄目ならお薬

タリオンという薬を処方してもらっています。


4、何アレルギーか知っておく
 お医者さんに言って、何に対してアレルギーがあるのか血液検査をしてもらっています。杉だけでなく、カモガヤ、ハウスダストなど人によって反応が異なります。花粉症対策のためには、まず自分の体質を知っておくことがとても大切です。

http://health.nifty.com/kafun/


posted by SE会計士の日記 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。