2007年06月15日

りっぱなホームページを作るのは仕事じゃない!!

 ときどき、いろんな企業の全社ミーティングなどに参加させていただくことがあります。このとき、

「こんど、A君がいろいろ勉強して頑張ってくれて会社の立派なホームページを作ってくれました。A君、みんなに説明してあげてくれるかな!」と、若手社員を褒めている場面に出くわすことがあります。また、情報担当者が、業績報告の中で「新ホームページ立ち上げのため、○社さんと打ち合わせ、さらに、○月中に、完成の予定で、、、、」とえんえんとホームページの作成に関する報告をしている場面に出会うこともあります。

たしかに、若手社員に、なんらかの責任ある仕事を与えることも大切なことです。間接部門の仕事というのを他の社員に周知しておいてもらうということも重要なことです。

しかし、勘違いしてはいけないのは、「りっぱなホームページを作るだけでは、仕事になっていない」ということです。

仕事とは、売上を上げる効果か、コストを下げる効果がないといけません。

ホームページをつくったとしたら、「ホームページを見たお客さんからの注文が増えた」とか、「営業がやりやすくなった」とか、「優秀な人材が採用できるようになった」とか言うことが仕事の本質(ねらい)といえます。

(どんなに技術的にすぐれた技術を使ったホームページを作っても、これらの効果がなければ、あなたの会社にとっては、悪いホームページといえます。逆に、どんなに技術的にしょぼいホームページであっても、こうした具体的な効果があるのであれば、あなたの会社にとっては、優秀なホームページといえるでしょう)


ですので、ホームページ作りを仕事として考えるなら、ホームページを作っていく過程を報告すること、完成したものを、評価するだけではなく、「新しいホームページ完成後、それが、どのような効果を挙げているのか」ということも継続して報告して評価することが、一番大切です。

posted by SE会計士の日記 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

役所の電話相談は民間に

 年金相談のコールセンターがパンク状態だそうで、社会保険庁では、増強を図るとのこと。

そのコールセンターですが、社会保険庁だけでは対応できないので、トランスコスモスなどコールセンターのアウトソーシング会社に委託しているそうです。
その人員の募集では、一部の職種は、「PCさえ使えれば、経験不問でだれでもよい」ということになっています。

http://townwork.net/h/r/Fh30010s.jsp?lac=01%jmc=00302%rid=04189511%axc=03

このあたりの相談体制の是非は、ともかく、この、行政の相談業務のアウトソーシング化は、ありとあらゆる分野で、急速に進んでいます。

http://www.kisei-kaikaku.go.jp/market/index.html

ひょっとすると、将来、あなたの住んでる近くの役場に、電話問い合わせしても、出てくる人は、沖縄とか、海外とかのコールセンターの方なのかもしれませんよ。


posted by SE会計士の日記 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

記事が500本に

 ふと、気がつくと、ブログの記事の本数が500本になっていました。
よく、続いたものです。

熱心に読んでいただいている方もおられるようで、、、

先日、サーバーの不具合で、このブログが閲覧できなかったときも、「みえないよ!」「どうかしたん?」という、お問い合わせがありました。
(ありがたいことです)

今後とも、続けていきますので、よろしくお願いいたします。


感謝!!....._〆(・∀・*)ノ
posted by SE会計士の日記 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

年金記録を復旧させる方法

年金問題が、えらいことになっちゃっています。

何でもシステム化したときに、適当に入力したために、判らなくなっている消えた年金記録が5千万件以上発生してしまっているとか。。。※

恐ろしいことです。

ところで、その復旧方法ですが、システム化の時の原始資料を廃棄しちゃってよいとの指示が出ていたので、完全復旧は難しいと思われます。

そのため次善の手段として、次の方法
1、残っている資料を基に、出来るだけ復旧を試みる
2、年金加入者に注意を喚起する。
3、第三者機関で加入記録を認定する

が用意されるということなのですが、少し心もとないような気がします。(第三者機関といっても、領収書がないとき、どのように支払った事実を認定されるのか?判断基準が判らない)

で、ここからが私見ですが、
支払いの確からしさを補完する資料としては、次のようなものが考えらるんじゃないでしょうか(会計や税務実務を参考に)

1、所得税確定申告書、源泉徴収表
これらには、古くから社会保険料控除という制度があり、支払った額が記録されています。これらが一つの判断材料にならないでしょうか。

2、家計簿、支払い記録等
自分自身で書いて、持っておくものなので、証拠にならないような気もしますが、記載内容の前後、記載用紙の古さから判断して、その信憑性を判断することは可能だと思われます。

3、納付したときの周囲の状況、
これも一つの証拠になります。たとえば、同じような状況にあった人がキチンと納付され記録が残っているのに、ある人の納付記録がないようなとき。
「納付していない」という心象が強まるのか、逆に「納付しているのに、記録がなくなっている」という心象が強くなるのか?微妙なところです。
また、国税をキチンと納めている人は、年金もキチンと納めている可能性が高いとはいえるかもしれません。


4、エラー率の差(リスク評価)
何か対象となるものに、エラーがあると推計される場合、手当たり次第に全部正していくというのは非常にコストと時間がかかりとても非効率です。

こうしたばあい、サンプルテストでエラーの起こりやすいところを発見して、集中的にそこを洗い出します。
たとえば、A地区のデータは、比較的正確だが、B地域のデータはボロボロという場合B地域を集中的にチェックして訂正していきます。
会計監査や税務調査でやられる方法ですが、年金記録のチェックでも使える方法だと思います。(間違いが少ない部分であったも、年金のもらえない本人にとっては、重大な問題であることは当然ですが)



※行政には、「無謬性の原則」というものがあります。つまり、「お役人は間違えない、間違えるのは民間人」。この「無謬性の原則」が社会のルール手続きのいろんなところに顔を出します。ところが、現実には、官民とわず、あらゆる作業に、ヒューマンエラーというのが起こりうるのは、品質管理の常識です。むしろ、「無謬性の原則」の方が、とても非常識な危ない考え方です。
posted by SE会計士の日記 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

たこ焼き機

 我が家にはたこ焼き機がありまして、晩御飯として時々たこ焼きを食べています。

これは、ごく普通のことと思っていたのですが、、、、

あるとき、ある研修会にお迎えした講師の先生が、大阪に来られたとき、「お土産にたこ焼き機を買っちゃいました」と喜んでおられました。
そのとき、初めて「たこ焼き機が家に普通にあるのは、関西だけなんだ」と気付かされました。

たこ焼き機にも各種あって、鉄板にボコボコと丸い穴の開いただけのものから、電気たこ焼き機(といってもそんなに高くない)などいろいろあります。(大阪では道具屋筋などにいくといろんな商売道具と一緒に、たこ焼き機が売られています。
http://www.doguyasuji.or.jp/


たこ焼きにも、いろんな焼き方があるんでしょうが、
我が家での、たこ焼きの焼き方は、次のようなやり方です。

1、まず鉄板をあっためた後、全体に、油をしっかり敷きます。
2、テンカス(てんぷらのカス)を穴のなかに入れます。テンカスは、スーパーに売ってる揚げ玉じゃなくて、蕎麦屋さんや天麩羅屋さんで、分けてくれる、本物がGOOD
3、ぶつ切りにした蛸を一つずつ穴に入れていきます。
4、たこ焼き粉を溶いた生地を入れていきます。
5、穴にマヨネーズを一つずつ入れていきます。
6、キャベツの刻んだやつをたっぷりかけます。
7、お好みで紅しょうがの刻んだやつをかけます。
8、じっくり焼きます。
9、ある程度焼けてくると、くしを使って、ひっくり返します。(これは多少のコツがいりますよ)
10、全体が焼けたら、お皿におろして、盛り付けます。
(出来上がったものを、一回取り出して、油を敷きなおし、さらにこんがり焼くと、おいしい揚げたこ焼きができます)
11、お好みでカツオ節、青海苔、ソース、などをかけます。

我が家では、お正月のおせち料理に飽きた時なども、たこ焼きを食べてます。
posted by SE会計士の日記 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

猫を飼うということ

 結婚してからペットを飼ったことはないのですが、高校生大学生のころは、ずっと実家で猫を飼っていました。

子猫のころ、ちかくの幼稚園に紛れ込んできた猫を引き取ることになって、飼い始めたのですが、「ペットを飼う」ということが、どうゆうことかを知る、よい勉強になりました。

猫を飼った印象は、

1、身勝手
 猫は、犬と違ってとっても身勝手です。
自分がさみしいときなどは、うるさいぐらい「ぐろっろろろ・・がろっろろろ・・」と喉を鳴らしながら足元にグイグイ擦り寄ってくるのですが、機嫌が悪いときには、こっちが「おーい」と読んでも「ぷぃ!」っと無視してどこかにいってしまいます。
 (もっとも、この猫の性格は、嫌いじゃないです)

2、猫のいる場所が居心地の良い場所
 猫は居心地の良い場所を良く知っています。暑い日は北側の涼しい場所。
寒い日は、南側のカーテンと窓の間、寝るときは人の布団の中にもぐりこんできます。
 (寝てるとき悪夢を見てうーんうーんとうなされてて、ふと目が覚めると猫が胸の上に座っていたりします。)

3、よく吐く
  うちの猫はよく吐きました。
 変なものを餌にあげているわけではないのですが、、、、
 猫が餌を食べて数時間後「ぐぉっ!ぐぉっ!」となにかおかしい様子がみえたかと思うと、口からグァバーと胃の内容物を吐き散らかしてくれます。
 特に猫の餌は、魚っぽいものが多いので、生臭いことおびただしい。
一緒に寝ているときに、布団と顔に吐きかけられたことも何度かありました。

 猫を飼うと、怪我したり、病気になったり、年を取ったり、死んだりすることもありますし、やはり、いろいろ大変です。ペットは、かわいいし、癒されることもありますが、良いことばかりじゃありません(毛も飛びますし、家も傷みます)。

くれぐれもペットを飼う人は責任もって世話をしましょう!!




posted by SE会計士の日記 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

コムスン事件の背景

 グッドウイルグループの介護最大手コムスンの事実上の業務停止が発表され、経営者の対応について、6万人もの利用者の今後、問題になっています。

確かに、不正請求があったこと、それに対する企業の処罰回避行為などは、法的問題は別として、社会的には許されることではないでしょう。

ただ、気になっているのは、コムスンをはじめとする介護ビジネス(、さらに医療も含む老人ケアビジネス)が、このような状態に陥っている原因です。

もともとコムスンのような介護ビジネスが出てきたころは、介護保険制度というものが作られ、今後の老齢化社会を考えるととても有望なビジネスと思われていました。また、企業環境も追い風で、行政のフォローもあり、報酬点数も、十分なうまみがあったため、「仕事はきついけれども、頑張れば儲かる仕事」というイメージがありました。場合によっては大きな借金をして設備、運転資金等を整えた事業者も少なくありません。


ところが、実際には、介護保険制度というものも、赤字財政が累積しており、報酬点数を下げ、介護ビジネスに入ってくる資金を減らされる状況になってきました。(結果的に「もうかりますよ、みなさん。政府も応援してます。介護の仕事を始めましょうね!」と誘導してから、はしごを外した形。利用者にとっても使える制度から、どんどんと使えない制度に、、、)

そう考えると、コムスンを擁護する気は全くないですが、その状況を作り出した、厚生労働行政も、かなり問題あり。(人災?)

年金もそうですが、介護、医療など、老人福祉をめぐる環境を大きく軌道修正していかないと、第二第三のコムスン事件が発生することになるでしょう。


(※コムスンもリストラを強引に進めたあたりから雲行きがおかしくなっているようです。)
posted by SE会計士の日記 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

イライラさせる人

 先日、顧問先の人から「こんなこと考えてるんだけど、いろいろ教えてくれませんか?」と相談されたので、ご協力させていただくことにしました。

取り急ぎ、「この企画を当社で進めるだけの価値のあるものなのか?かなり無理があるものなのか?」を判断したいので、簡易なもので結構ですから、早々に情報収集してその結果を教えていただけますかとのコトでした。

それを受けて、
私としては、必要な情報を収集して、早々に簡易な提案書(メール)の形式でお渡しすることにしました、、、、


ほとんどの部分は私も理解していたところでした、ところが、一部、(私の専門である)税務会計やシステム面以外のことも絡んでくるので、どうしたものかと思っていました。
内容は複雑ではないし、法律で決まっている数字の部分ですが、作業に時間が取られそうなので、、、、

そこで、その分野に関しては、以前、お会いしたことがある、A先生に相談することにしました。たぶんこの程度のことなら専門家ならシミュレーションソフトもお持ちだろうし、、、と思って。

「A先生、私の顧問先の方から×××という相談がありまして、××についてシミュレーションを作ってもらえませんか?ただ、それを進めることを決めたわけでなくて、まだ企画の前段階なんです。ですので、それに着手するかどうかを判断するレベルのシミュレーションなので極簡単なもので結構です。それから、仕事としてお手間を取っていただくので先生の作業フィーそれといつまでにご解答いただけるか目処も教えていただけますか?」

「分かりました、事務所に戻ってからご連絡します」

夕方メールボックスに
「シミュレーションに必要なので、これこれと、これこれの情報を教えてください」とのこと、すぐに調べて、送り返しました。

すると翌日また電話があり
「昨日のシミュレーションの件ですが、また教えてください、、」
「すみません、シミュレーションに必要な情報は、どれだけあるのでしょうか?それと、いつご解答いただけるのか目処とフィーの目安も教えていただきたいのですが、、、」
「えー、そーですね! いろいろ役所に行って、調べなきゃいけないこともあるので、大体10日から2週間!(長い)それと、フィーですが××円ぐらいかと(高い)」

「なるほど、本格的に進めるのであれば、間違いも許されませんし、それぐらい必要なのかもしれません。ただ、この話は先日もしましたように、まだ企画の前段階で、GOかNOかを判断する程度の簡易なもので結構なんですけど!!」

「・・・・・」

「どうなんでしょうか!お客様も私も時間を無駄にしたくないので、
3−5日程度と思っていたのですが、、、、
かえって、A先生のところにお話を持っていったのは、ご迷惑なお話だったのでしょうか?」

「・・・・」

「わかりました、この話はなかったことに!、ご迷惑かけてすみませんでした、、、、」

といったことになりました。

結局、私のほうで、いろいろ調べて2時間程度(この時間が惜しかったのですが)かけて、シミュレーションを完成させました。。。。

この結果を先方にご説明したところ、「当社ではまだ、荷が重過ぎますね!」ということで没案になりましたが、「解決案の検討!」という一つの仕事にはなったと思います。

A先生に、こちらの意図を正しく汲んでいただければ、分かった話なんでしょうけど、協業というのは、こんなことに成りがちです。※

※もちろん、A先生でなければできないような貴重なノウハウ・情報をお持ちであれば、話は変わったかもしれません。そうしたものは時間で計算するものではありません。
posted by SE会計士の日記 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

ハッカーは怖くない

どうも、企業の経営者の方の中には、ハッカーという悪い人が社外にいて、社内のコンピュータに不正アクセスして、情報を盗み出したり、改ざんしたりするイメージが強い人がおられます。
 また、ベンダーやシステム会社の中には、その不安をあおるような営業をするケースも有り、誤解は益々広がっていきます。

(たかだか、会社案内程度の情報をホームページに載せるのに、よくわからないセキュリティー経費が掛かっていたり、やたらにメンテナンスのためホームページにアクセスできなくなったりと、、、)

もちろん、そういったリスクもあるのですが、情報漏えいのかなりの部分は内部の人間による不正です。

典型的な例としたら、会社の仕事のデータを家に持ち帰って、家のパソコンに入れておいたら、ウイニーなどのソフトが入っていてばら撒いちゃったとか、、、

これなども、会社のデータを入手した方も悪いのでしょうが、会社のデータを家に持ち帰ってしまう行為(仕事熱心???)がそもそも不正行為になります。これなどは、いくら会社で最高級のファイアーウォールを購入設置しても防げません。

退職した社員も要注意です。退職したら、IDパスワードを消去、変更するのは当然ですが、そんな基本すらやってない会社もあります。また、退職した人のかなりの割合の人が、在職中にデータを持ち出し、前職の顧客リストや営業ツールを飯の種にしています。
(この点の対策を、自分の会社では、どのようにとっているのか、一度考えてみられてはいかがでしょう。)

こうして見ると、会社にとっては、ハッカー(外部からの不正侵入)よりもインサイダー(内部の人)の方がよっぽど怖いような気がします。

posted by SE会計士の日記 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

メールは、落とすべきか?残すべきか?

 最近、利用している電子メールのメールボックス容量の拡張が行われました。
初めの頃は、5M,10Mバイト程度の容量で、メールソフトでアクセスして、メールボックス内のメールをすべて落としていたのですが、その後100M200Mバイトとどんどん拡張されました。

今回の拡張では容量がなんと5Gバイト。

ここまでくると、メールは、メールソフトに落として(ダウンロードして)読むものではなく、メールボックスの中に蓄積しておくイメージなのかもしれません。
そして、メールボックスは資料の保管庫的な利用になるのでしょう。

機器のコストにたいする性能アップ(cfムーアの法則)とグーグルのGmailのような使い方が影響しているのでしょうが、メールというITのごく基本的なツールでさえ、時代の流れには無縁ではなさそうです。

posted by SE会計士の日記 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。